編集部からのお知らせ
RPA導入、もう1つのポイント
「ニューノーマルとIT」新着記事一覧

ジュニパーネットワークス、SSL VPN、ファイアウォール/VPN、RADIUSサーバーの日本国内市場占有率第1位に

UTM(統合型脅威管理)アプライアンスでも僅差の第2位に

ジュニパーネットワークス株式会社

2007-09-11 00:00

ジュニパーネットワークス株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役:大須賀 雅憲。以下、ジュニパーネットワークス)は本日、日本を代表する調査会社のひとつである富士キメラ総研(以下、富士キメラ)の市場調査において、SSL VPN、ファイアウォール/VPN、RADIUSサーバー(ソフトウェア部門)の各分野において、日本国内市場占有率第1位を獲得したことを発表しました。
先日公表された富士キメラの調査報告書「2007 ネットワークセキュリティビジネス調査総覧」によると、ジュニパーネットワークスは、2006年度のSSL VPN市場における市場占有率が、数量ベースで29.2%、金額ベースでも29.7%で第1位となりました。また、ファイアウォール/VPN市場においても、数量ベースで他社を大きく引き離す市場占有率64%で第1位になりました。さらに、RADIUSサーバー(ソフトウェア部門)市場においても、「Steel-Belted Radius(SBR)」の市場占有率を金額ベースで32.3%まで伸ばし、第1位でした。

そのほかのセキュリティ製品市場においても、ジュニパーネットワークスの業績は、好調でした。UTM(統合型脅威管理)アプライアンス分野でも、「NetScreen」シリーズの後継機種である「Secure Services Gateway (SSG)」シリーズの市場占有率が29%に達し、僅差の第2位でした。富士キメラでは、大規模事業所やセンター向けの上位機種を除いて、今後スタンドアローン型ファイアウォール/VPN製品からUTM(統合型脅威管理)アプライアンスへの移行が、さらに加速されると予測しています。
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    セキュアなテレワークでビジネスを継続する「緊急時対応チェックリスト」

  2. クラウドコンピューティング

    ゼロトラストネットワークアクセス(ZTNA)を今すぐ採用すべき理由

  3. ビジネスアプリケーション

    今からでも遅くない、在宅勤務への本格移行を可能にする環境整備のポイント

  4. クラウド基盤

    アプリ開発者とIT管理者、両者のニーズを両立させるプラットフォームとは?

  5. ビジネスアプリケーション

    テレワークに立ちはだかる「紙・ハンコ」の壁を経費精算のペーパーレス化からはじめて乗り越える

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]