資本準備金の額の減少及び剰余金の処分に関するお知らせ

株式会社フラクタリスト 2007年09月26日

平成19年9月26日開催の取締役会において、平成19年10月26日に開催を予定している第8期定時株主総会に、下記のとおり資本準備金の額の減少及び剰余金の処分について付議する事を決議いたしましたのでお知らせいたします。

1. 資本準備金の額の減少の目的
平成19年7月期決算において計上しました繰越損失を補填するため、資本準備金を減少して欠損補填に充当するものであります。

2.減少する資本準備金の額
資本準備金 621,275,000円

3.資本準備金の額の減少の日程(予定
(1)取締役会決議日 平成19年9月26日
(2)株主総会決議日 平成19年10月26日(予定)
(3)効力発生日 平成19年11月1日(予定)

4.剰余金の処分の内容
会社法第452条の規定に基づき、その他資本剰余金を減少させ繰越利益剰余金を欠損補填いたします。
(1)増加する剰余金の項目及びその額,繰越利益剰余金 621,275,000円
(2)減少する剰余金の項目及びその額,その他資本剰余金 621,275,000円

また下記にも掲載しております。ご覧ください。
(リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社フラクタリストの関連情報

株式会社フラクタリスト

株式会社フラクタリストの記事一覧へ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • 【3/31まで早期割引受付中!】「IBM Watson Summit 2017」開催

    日本IBMが主催する最大の国内総合イベント。テクノロジー・リーダーの疑問を紐解く「企業IT、セキュリティー、モバイル、データ解析などの進化を探る」詳細はこちらから!

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!