サンロフト、社内SNSナノティ・ビー・ピーを携帯電話からも利用可能に

社内報や社長メッセージ、社員の日報を外出先からもチェック。11/1より販売開始

株式会社サンロフト 2007年11月01日

SNS構築を行なっている株式会社サンロフト(本社:静岡県焼津市、代表取締役社長:松田敏孝)は、社内SNS「nanotyBP(ナノティ・ビー・ピー)」の一部機能を携帯電話からも利用できるようにしました。本日11月1日(木)より、利用申込み受付を開始します。

ナノティ・ビー・ピーは、パソコンを使って社内ニュースを発行したり、日報の記入を通じて情報交換したりできる社内SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)です。雑誌型の社内報より情報の発信が気軽で速報性があり、さらに社員同士が直接コミュニケーションできるツールとして、社内報を編集する専任スタッフがいない中小企業や、社内報の発行間隔が長いためにスピードある情報伝達が難しい企業のニーズに応える製品です。

今回の携帯電話対応は、「業務でパソコンを使わない社員や営業で外出の多い社員にも、会社からのお知らせをすばやく届けたい」「外出先からも日報やコメントを書けるようにしたい」というユーザの声を受けて開発されました。
ナノティ・ビー・ピーの中でも、特に利用頻度が高い「会社からのお知らせ(社内報や社長メッセージなど)を見る」「自分の日報を書く」「他の社員の日報を見る」「日報にコメントをつける」の4つの機能を携帯電話から利用できるようにしました。携帯電話から、会社専用の社内SNSページにアクセスし、ログインすることで利用できます。

 サンロフトでは、これからもユーザや社内広報担当者の声を聴きながらナノティ・ビー・ピーの機能改善・機能追加を行ない、今後1年間で100社のユーザ獲得を目指します。

サンロフトは、2007年11月7日(水)ポートメッセなごや(〒455-0848名古屋市港区金城ふ頭二丁目2番地)で開催される「しんきんビジネスマッチング 第3回『ビジネスフェア2007』」(主催:社団法人 東海地区信用金庫協会)にて、ナノティ・ビー・ピーを紹介します。携帯電話での利用イメージがわかるデモンストレーションを行なう予定です。

【本プレスリリースのお問い合せ先】
株式会社サンロフト 広報・マーケティング室 担当:今野(こんの) 
〒425-0092静岡県焼津市越後島385  TEL:054-626-3366

このプレスリリースの付帯情報

ナノティ・ビー・ピー携帯版:利用イメージ

用語解説

【ナノティ・ビー・ピー】
サンロフトでは、2005年から自社開発のSNSを社内で運用してきました。実際に社員全員が利用することで得たノウハウを活かし、企業向けに開発したのが社内SNS「ナノティ・ビー・ピー」です。サンロフト社内でのSNS活用例については、書籍「SNSビジネス・ガイド」(インプレスジャパン、2006年)に掲載されました。

■価格:ASP版は初期導入費用35万円~、月額利用料(保守料含む)3万円~。パッケージ版は初期導入費用300万円~、月額利用料3万円~。
■詳細:機能の紹介など詳しくは、ナノティ・ビー・ピー製品サイトをご覧下さい。
(携帯電話対応の紹介は、11月1日以降に掲載します)
■ナノティ・ビー・ピー製品サイト  (リンク »)

【株式会社サンロフト】
社 名:株式会社サンロフト  (リンク »)
所在地:425-0092静岡県焼津市越後島385 
連絡先:TEL:054-626-3366 FAX:054-626-3371
資本金:8,000万円
代表者:松田 敏孝
事業内容:
・社内SNS「nanotyBP(ナノティ・ビー・ピー)」の開発・販売
・基幹業務システムの開発
・ホームページの企画、制作
・コールセンター等ITサポート事業

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社サンロフトの関連情報

株式会社サンロフト

株式会社サンロフトの記事一覧へ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • 【3/31まで早期割引受付中!】「IBM Watson Summit 2017」開催

    日本IBMが主催する最大の国内総合イベント。テクノロジー・リーダーの疑問を紐解く「企業IT、セキュリティー、モバイル、データ解析などの進化を探る」詳細はこちらから!

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!