「賃貸不動産情報サイト・ランキング」 総合第1位を受賞!

株式会社ネクスト 2007年11月21日

From DreamNews

住宅・不動産情報ポータルサイト「HOME'S」を運営する株式会社ネクストは、2007年11月20日にゴメス・コンサルティング株式会社が発表した、【2007年11月 賃貸不動産情報サイト・ランキング】において、「HOME’S」が総合第1位を受賞いたしました。 今回の受賞は【2004年秋季】および【2006年3月】に発表された同ランキングに続き、3回連続での第1位受賞となっております。

住宅・不動産情報ポータルサイト「HOME'S」



「賃貸不動産情報サイト・ランキング」 総合第1位を受賞!

通算3回連続で第1位、モバイル版とのダブル受賞も達成!!


~ゴメス発表 【2007年11月 賃貸不動産情報サイト・ランキング】~


住宅・不動産情報ポータルサイト「HOME'S」を運営する株式会社ネクスト(本社:東京都中央区、代表取締役社長:井上高志、東証マザーズ:2120)は、2007年11月20日にゴメス・コンサルティング株式会社(以下、ゴメス)が発表した、【2007年11月 賃貸不動産情報サイト・ランキング】において、「HOME'S」が総合第1位を受賞いたしました。 
今回の受賞は【2004年秋季】および【2006年3月】に発表された同ランキングに続き、3回連続での第1位受賞となっております。 
また、2007年10月24日にゴメスが発表した、【2007年10月 モバイル賃貸不動産情報サイト・ランキング】での総合第1位に続き、ダブルでの受賞となりました。

詳細につきましては、下記のゴメスのウェブサイトをご参照ください。

【2007年11月 賃貸不動産情報サイト・ランキング】

(リンク »)



ゴメスはEコマースサイトをユーザーの視点で評価・ランキング付けし、インターネットユーザーに客観的で有益な情報を提供しています。 【2007年11月 賃貸不動産情報サイト・ランキング】は、賃貸不動産の物件情報提供サービスを取り扱うウェブサイトの使いやすさや情報の豊富さなどを評価することを目的として、2007年11月12日時点におけるサービスを比較したもので、所定のノミネート条件を満たす17サイトが対象となります。


「HOME'S」(  (リンク »)  )は、今回ノミネートされた17サイトに対する4つのカテゴリ項目の全てにおいて高スコアを獲得。 「物件の検索から問い合わせまでの使いやすさに加え、読み物コンテンツの充実や、物件位置からの乗換案内といった便利な機能も多数実装する完成度の高いサイト」、また「地域情報を切り口としたSNSや、ユーザー同士のQ&Aコミュニティサービスなど、部屋探しを終えてからも活用できるサービスが用意されているのも特長」との高い評価をいただき、総合ランキングで第1位となりました。


また、2007年10月24日にゴメスが発表した、【2007年10月モバイル賃貸不動産情報サイト・ランキング】における
「ケータイHOME'S」の総合第1位に続き、ダブルでの受賞となりました。


【2004年秋期 不動産賃貸サイト・ランキング】     第1位(得点:7.31)

【2006年3月 賃貸不動産情報サイトランキング】   第1位(得点:8.29)

【2007年11月 賃貸不動産情報サイト・ランキング】 第1位(得点:8.88)
(得点は理論上最高得点:10点)


当社は今回の受賞の喜びを励みに、これからもより使いやすく、より信頼される住まい情報サイトとして進化を続け、皆さまの住まい探しのお役に立ちたいと考えております。


=================================================

〈本件に関するお問い合わせ先〉



株式会社ネクスト 管理本部広報室

東京都中央区晴海1-8-12 晴海アイランドトリトンスクエア オフィスタワーZ棟  15階

TEL:03-6204-4067 FAX:03-6204-3963
E-MAIL:press@next-group.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社ネクストの関連情報

株式会社ネクスト

株式会社ネクストの記事一覧へ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?