メールのプロが指南する『健全なメールマーケティングのためのノウハウセミナー』 

エイケア・システムズ株式会社 2007年12月05日

From DreamNews

メールのプロが指南する『健全なメールマーケティングのためのノウハウセミナー』 
~企業のメルマガが直面する「迷惑メール対策」の現状と対策~
『エイケア・迷惑メール配信対策委員会』発足を記念したこのたびのセミナーでは、「迷惑メールへの対応の在り方に関する研究会」で活動中の総務省の方をお招きし、行政の対策なども含めたご紹介をいたします。
概要:
 悪意を持った送信者による一方的な商業広告メール(いわゆる迷惑メール)の送りつけは、 携帯電話のみならず、PC等の利用者へも苦痛や不快感を与えるものとして社会問題化しております。 現在も、迷惑メールの送信手法は年々巧妙化、多様化、悪質化しているため、総務省や 電気通信事業者においても、技術的な対策など、総合的な迷惑メール対策への 取り組みがされてまいりました。

エイケアでは、電子メール配信システムを提供する立場としてこのような状況を重く受けとめ、 自社サービスから「迷惑メール」が配信されることのないよう、自主的な取り組みを強化し、 自社内に「エイケア・迷惑メール配信対策委員会」を発足いたしました。 今後は、安全かつ健全なメール配信の促進に向けて活動していく予定です。

このたびのセミナーは、本委員会活動の一環といたしまして、総務省の 「迷惑メールへの対応の在り方に関する研究会」の方をお招きし、行政の対策なども 含めたご紹介をいたします。 企業のメール配信担当者のみならず、通信事業者様、迷惑メール対策に取り組む あらゆる方へ有益な情報となっております。この機会にどうぞご参加ください。

--------------------------------------------------------------------
プログラム:  

9:30             開場
10:00~10:05        ●はじめに

10:05~10:55(50分)   ●基調講演
                   「迷惑メールへの対応の在り方に関する研究会」活動報告
                    総務省綜合通信基盤局 電気通信事業部消費者行政課
                    課長補佐 扇慎太郎様

10:55~11:00        ●休憩

11:00~11:40(40分)   ●「エイケア・迷惑メール配信対策委員会」の活動内容について
                     エイケア・システムズ株式会社
                     執行役員 「エイケア・迷惑メール配信対策委員会」委員長 山下英樹
                     ・委員会発足の経緯
                     ・エイケア・メール配信ガイドライン
                     ・ASPサービスにおける実装計画
11:40            終了予定

◇総務省より発表された「迷惑メールへの対応の在り方に関する研究会」の発表資料を、当日全員にお配りいたします。

 --------------------------------------------------------------------
主催: エイケア・システムズ株式会社
後援: モバイル・コンテンツ・フォーラム
    モバイルマーケティングソリューション協議会
日時: 2007年12月12日 (水) 10:00~11:40(開場 9:30)
会場: トスラブ山王 2階 会議室
     東京都港区赤坂2-5-6 トスラブ山王2階 木都里亭
     会場連絡先:03-5570-1803
    ●地下鉄銀座線・南北線「溜池山王駅」徒歩3分
    ●地下鉄千代田線「赤坂駅」徒歩5分
    ●地下鉄銀座線・丸ノ内線「赤坂見附駅」徒歩7分
    地図⇒ > (リンク »)
参加費:無料
定員: 50名(事前申込み制/先着順)
※同業他社様の参加はお断りする場合があります。ご了承ください。

詳細・お申し込みはこちら->  (リンク »)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!