2010年、ノートパソコンがデスクトップパソコンの出荷数を上回る

株式会社データリソース 2007年12月13日

米国調査会社ICインサイツ社は調査レポート「ICマーケットドライバー2008年:IC市場における新興/主要エンドユーズアプリケーション調査 - IC Market Drivers 2008」のプレスリリースにおいて、世界中でノートパソコンの成長がデスクトップパソコンを追い上げていて、2010年には出荷数で上回り、ノートパソコンの出荷数は、2000年から2010年までの10年間で年平均成長率(CAGR)18%で、デスクトップパソコンは4%で成長するという予測結果を発表している。

1990年代初頭から約20年間、パーソナルコンピュータは世界のIC収入の約3分の1以上を占め、IC産業の牽引役であった。2000-2010年において、出荷数の年間成長率と世界の収益が減速しても、PCシステムが半導体消費において最も大きなセグメントであるという状況は変わらないだろう。世界中でノートパソコンが成長しており、デスクトップパソコンを追い上げていて、2010年には出荷数で上回るだろう(表1)と、米国調査会社ICインサイツ社の調査レポート「ICマーケットドライバー2008年:IC市場における新興/主要エンドユーズアプリケーション調査ーIC Market Drivers 2008」は予測している。ノートパソコンの出荷数は、2000年から2010年までの10年間で年平均成長率(CAGR)18%で、デスクトップパソコンは4%で成長すると予測している。

2007年、PCシステムの総コストのうち、約30%をIC部品が占める。PCシステムの価格の下落が半導体のASP(平均価格)の下落よりも急速であることが一因となって、2011年にはこの割合は上昇するだろう。コンピュータ内蔵カメラの部品であるCMOSイメージセンサ、アナログデジタルコンバータ、画像信号プロセッサや、ソリッドステートディスクの普及や、NANDフラッシュメモリ半導体によるハードディスクキャッシュシステムによっても、パソコンに搭載されるICは増加するだろう。
デスクトップパソコン、ノートパソコン、x86ベースのPCサーバなどのパーソナルコンピュータ製品は、依然として世界市場で最大の半導体消費製品である。2007年のIC総市場は2203億ドルで、その33%がPC関連のデバイスである。既存や新しいICシステムのアプリケーションが大きく成長したとしても、2011年まではPCセグメントがIC市場の32%を下回ることはないだろうと予測している。プロフェッショナルワークステーションや、メインフレーム、スーパーコンピュータなどのその他のコンピュータシステムも計算に入れると、コンピュータ関連ICへの支出金額は約47%を占める。


[調査レポート]
ICマーケットドライバー2008年:IC市場における新興/主要エンドユーズアプリケーション調査
IC Market Drivers 2008
A Study of Emerging and Major End-Use Applications Fueling Demand for Integrated Circuits
(リンク »)

ICインサイツ (IC Insights)について
(リンク »)

※このプレスリリースに関するお問合せ
(リンク »)

株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
(リンク »)
Eメール:info@dri.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社データリソースの関連情報

株式会社データリソース

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!