日揮情報ソフトウェア、国内初のBPMNオンライントレーニングサービス「BPMessentials.com」を提供開始

日揮情報ソフトウェア株式会社 2008年01月10日

日揮情報ソフトウェア株式会社(本社:横浜市港北区、代表取締役社長:岩田アキラ)は、BPM(ビジネスプロセス管理)及びSOA(サービス指向アーキテクチャ)の推進に不可欠なビジネスプロセスモデリング手法のオンライントレーニングを、1月10日(木)より提供を開始いたします。 http://www.bpmessentials.com/

このトレーニングは、BPMスペシャリストの人材育成ニーズに応えるべく米国を中心に昨春からサービス提供されている「BPMessentials.com」の教育カリキュラムを日本語版として国内市場に投入するもので、今後日本国内でも需要が見込まれるBPM/SOA の推進役となる業務改善担当者およびIT技術者の人材育成を推進するとともに、BPMスペシャリストのビジネスプロセス可視化スキルを評価するグローバル資格認定制度を合わせて提供します。

本トレーニングカリキュラムは、IT利用技術の標準化組織であるOMG(Object Management Group)が規格化したBPMN(ビジネスプロセスモデリング表記法)を採用し、業務分析からプロセス改善設計、改善効果分析、SOAアプリケーションへの実装設計など、ビジネスとITの双方の関係者に必要なビジネスプロセスに関わる分析/設計方法を、ツールを使いながら学習する実践的内容になっています。
このようなBPMNモデリングの技術者育成に必要なサービスをオンラインで提供するのは、国内初の試みとなります。

BPMessentials.comは、英語版および今回の日本語版サービスのほか、今春にはドイツ語でのサービス提供も計画しており、グローバルなトレーニングサービスとして展開して参ります。

1. 背景
国内におけるアプリケーション統合ソリューション市場規模の拡大に伴い、SOAを技術基盤とし、現状の企業全体の業務プロセスを明確化し、設定した企業目標の実現に向けた継続的な改善サイクルを実行するBPMの必要性が求められています。
一方、株式会社日本能率協会コンサルティングが毎年実施している「当面する企業経営課題に関する実態調査」によると、日本企業における重要な経営課題項目として2006年第3位だった「人材強化(採用・育成・多様化)」が2007年調査では第2位となり、将来(2010年頃)の課題認識では第1位となっています。また、IDC Japan株式会社が発表した「国内EAI/SOAソリューション市場 2006年の分析と2007年~2011年の予測」では、「ITソリューションベンダーはSOAソリューションについてテクノロジーベースのスキルのみならず、顧客企業のビジネスプロセスを理解し、有効なビジネスプロセスのフローを描くことができるノウハウやスキルを身につける必要がある。」と述べており、ユーザー企業およびITソリューションベンダーの双方にとってビジネスプロセス指向の人材育成が急務となっています。

日揮情報ソフトウェアは、4年前よりOMG標準であるBPMNの国内普及に取り組んで参りましたが、このような人材育成需要に応えるべく、「BPMessentials.com」の国内向けサービスを開始いたしました。

2. BPMessentials.comについて
(1) 概要
このオンライン トレーニングは、米国の独立BPMアナリストであるBruce Silver氏が開発し2007年2月から英語版でサービス提供している「BPMessentials.com」の教育カリキュラムを、日揮情報ソフトウェアが日本語に翻訳・監修したものです。このトレーニングは、受講者のフィードバックを反映し、最新のベストプラクティスを受講者に提供するよう努めており、IT知識のないビジネスサイドの方々でも理解できる内容となっています。受講者は、顧客企業サイドで業務分析に携わるコンサルタントやビジネスアナリスト、企業内の業務改善担当者および、その業務改善要件をIT化するシステム アーキテクト、システム開発者、BPMプロジェクトのチームメンバーなどの方々を対象としています。

(2) サービス内容
このトレーニングは、専用のWebサイトを通じてFlashビデオ及びテキストをダウンロードし、受講者のペースで進めていくオンライントレーニングです。ただし、このトレーニングの有効期間は、初回ログイン後30日間となっています。
また、トレーニングでは、BPMNモデリング演習をハンズオンで進めていくために、日揮情報ソフトウェアが販売するitp commerce社のBPMNモデリングツールITP Process Modeler for Microsoft Visioを使用します。トレーニングを購入すると、ITP Process Modelerの30日限定ライセンスが提供されます。

(3) カリキュラムの概要
BPMessentials.comは、基本編「BPMN Essentials」と応用編「BPMN Deep Dive」の2つのセクション、合計14のパート、約9時間の内容で構成されています。基本編では、プロセスモデリングに関わるチームの全員が理解すべき基本的な事項がまとめてあり、BPMやプロセスモデリングの概念、BPMNの概要と表記法、さらにプロセス改善プロジェクトやプロセス再設計プロジェクトにおいてBPMNを活用するための方法論とベストプラクティスについて解説します。また、BPMNを使ったシミュレーション分析の概要についても学習します。

応用編は高度な内容であり、イベントと呼ばれるプロセス内で発生するさまざま事象、プロセスにおける例外処理、他のプロセスや外部システムとの連携、ビジネストランザクションにおけるリカバリ処理といった少し複雑な内容を、BPMNを使ってモデル化する方法について解説します。また、シミュレーション分析について、より高度な解説も行います。

【基本編】 BPMN Essentials
●概要と基本事項
●プロセスの概念
●表記法の概要
●プロセス モデリングの方法論
●プロセス改善の定量分析
・シミュレーションの概要
●すべてのBPMN 表記
●ゲートウェイ

【応用編】 BPMN Deep Dive
●イベント
●例外のモデリング
●ビジネス トランザクションのモデリング
●間違い探し
●シミュレーションの概要
●シミュレーション: リソース稼働率とサービス レベル
●シミュレーション: ABC分析

(4) BPMNプロフェッショナル資格認定制度
希望者は、BPMNプロフェッショナルとしての認定資格取得に挑戦できます。資格認定は、「BPMN Essential」と「BPMN Deep Dive」の2レベルがあり、それぞれ、基本編と応用編の最後にモデリング演習した結果(ダイアグラム)の内容で評定されます。資格取得者は、 BPMessentials.comのWebサイトに掲載されます。(希望者のみ)

(5) 販売対象
つぎの企業および個人を想定しています。
●BPM/SOAを推進するユーザー企業のプロジェクトメンバー教育
●SOAソリューションを提供するITソリューションベンダーの企業内教育
●ビジネスプロセス改善/設計サービスを提供するコンサルティング企業
●ビジネスプロセス改善/設計サービスを支援する独立コンサルタント

(6) 受講料/販売方法
・ 受講料1名 : ¥98,000(税込¥102,900、初回ログイン後30日間有効)
※ ダウンロード販売サイト「コンポーネントソース」(www.componentsource.co.jp)によるオンライン販売
※ 10名以上の一括受講については、弊社直接販売: ¥931,000(税込¥977,550)から

なお、リリースにあたり関係企業および団体の方々よりお言葉を頂戴しておりますので、併せて発表いたします。

-----
日本BPM協会
会長 秋山 守吉 様
「BPMNオンライントレーニングの開講おめでとうございます。日本BPM協会は企業・団体の経営の改善サイクルを人とITで実現するために、BPMコンセプトを確立、普及するとともに、これを支える健全なBPM市場の形成を加速化する目的で設立しました。ビジネスとITを結ぶスキルを持った人材育成はBPMの最大の課題であり、BPM人材・スキル体系の策定、人材育成の市場形成に取り組んでおり、ビジネスプロセスのコミュニケーション言語であるBPMNに関する専門トレーニングコースの開講を待ち望んでおりました。 」

-----
株式会社UML教育研究所
代表取締役社長 碇 利之 様
「BPMessentials.com の開講おめでとうございます。IT利用技術の標準化組織であるOMG(Object Management Group)は、今後急速に普及すると予測されるBPM/SOA活用の最大阻害要因はビジネスアナリスト、ITスペシャリストそれぞれのスキル不足にあると考えており、スキルを測定する手段としてOMG certified expert in BPM(略称:OCEB)と称するBPMスペシャリストを対象としたワールドワイドな資格試験制度を構想しています。弊社はこの構想に賛同し2008年後半の試験開始(日本語版試験も同時開始)に向けてOMGとの共同作業を開始いたしました。このOCEB試験委員のひとりであるBruce Silver氏が開発したBPMessentials.comのBPMNトレーニングコースは、OCEB試験の中核となるビジネスプロセスモデリング技術に関する教育カリキュラムを提供しており、資格取得のための必修コースと位置付けています。」
※UML教育研究所は資格試験の認定・運営に関してOMGとパートナーシップを結ぶ唯一の企業として、これまでにOCUP(OMG認定UML技術者資格試験プログラム)、OCRES(OMG認定組込み技術者資格試験プログラム)の開発・運営に携わっています。

-----
マイクロソフト株式会社
エンタープライズパートナービジネス本部
業務執行役員 本部長 小山 明 様
「BPMNオンライントレーニングの開講おめでとうございます。また演習の素材としてMicrosoft® Office Visio® を採用いただき、誠にありがとうございます。使い慣れたアプリケーションを演習で使っていただくことによって、短期間でトレーニングの本質を理解でき、ワールドワイドで通用する人材育成に貢献する画期的な取り組みであると確信しております。マイクロソフトは、今回の日揮情報ソフトウェア様との協調関係を通して、「People Readyビジネス」の具現化に向けてお客様のイノベーションの推進をお手伝いしていきます。」

-----
BPMessentials.com コース開発者
Dr.Bruce Silver
「私が開発したトレーニングコースが日本で公開されることは非常に光栄です。現在、BPMNはポピュラーな標準になっていますが、ベンダーは方法論もトレーニングも提供していないし、標準を策定したOMGでさえ方法論を提供していないのが実情です。BPMNはSOA適用アプリケーションの要求仕様を記述できる従来にないモデリング手法を提供しますが、その扱いはこれまでの伝統的なモデリング手法より複雑です。米国ではBPMNを使ったプロセスモデリングの方法を学びたい強いニーズがあった背景から、この「Process Modeling with BPMN」のコースを開発した次第です。日本でもこのトレーニングコースが活用され、次世代を担う多くのビジネスアナリストやITスペシャリストが育成されていくことを願っております。」

■BPMNについて
Business Process Management Initiative(BPMI)によって、2004年5月にパブリックリリースされたビジネスプロセスモデリング表記標準です(BPMIは、2005年 6月にOMGと統合されました)。BPMNは、ビジネスプロセスの流れを描く図形表記法を提供しています。BPMN は、ビジネスユーザーに理解しやすい表記法を提供することで、テクニカルユーザーとビジネスユーザーの両者が同じ図形表記法を共有してビジネスプロセスに関わる要件定義のコミュニケーションが円滑にできるようにすることを目的としています。
※なお、BPMI 表記法作業委員会の座長であるStephen A. White 氏の了解を得て、BPMN1.0を日本語に訳したものを当社のWebサイト( (リンク ») )にて公開しております。

■ITP Process Modeler for Microsoft Visioについて
スイス itp commerce社が開発しBPMN1.0に完全準拠したビジネスプロセスモデリングツールです。同製品の大きな特徴は、ビジネスユーザーだけでなく、一般ユーザーでも広く使用されているマイクロソフト株式会社のVisioをプラットフォームとして実現した点です。専門ツール独自の複雑な操作を習得する必要なく、VisioのステンシルとしてBPMNの基本要素を提供しているため、完成度の高いVisioの作図機能を活用することができます。

■会社概要
■日揮情報ソフトウェア株式会社
日揮情報ソフトウェア株式会社は、総合エンジニアリング会社の日揮株式会社、ならびにシステムインテグレータの日揮情報システム株式会社で、長年培ってきたデータベース設計、開発および運用管理において活用してきた各種ソフトウェア・プロダクトの活用経験を生かし、eビジネス分野等のソフトウェア・ソリューションを支援するツール群の販売、コンサルテーションを事業としております。特に、「海外ソフトウェアの国内マーケティングと販売に特化」し、海外の優れた生産性向上ツールを迅速にお客様へ提供しています。
(リンク »)

■Bruce Silver Associates
Bruce Silver Associates社は、1994年から企業向けの要求定義仕様やツール選定においてのサービス、BPMやECM分野における製品評価や市場調査サービスを提供しています。代表のBruce Silver博士は、BPMとコンテンツマネジメント分野の技術にフォーカスした独立系BPMアナリストとして活躍しており、BPMSレポートシリーズの著作、「BPMS Watch」のブログや「BPM Institute」のコラムニストとして有名です。同氏は「BPM Tools and Technology」、および「Process Modeling with BPMN」の2つのBPMトレーニングのコース開発者でもあり、全米で定期的に開催されている「BPM Institute」主催BPMトレーニングの講師も務めています。
(リンク »)

■itp-commerce ltd.(ITpearls Ltd.)
itp-commerce社は、本社をスイスのベルンに置き、2004年にBPMI.orgによって発表されたBPMN(Business Process Modeling Notation)に関するソリューションとコンサルティングを提供しているビジネスプロセスマネジメントのリーディングカンパニーです。同社が開発した Process Modeler for Microsoft Visioは、日本語のほか、英語、ドイツ語、フランス語、ポルトガル語版がラインナップされています。また、同社は、Bruce Silver Associates と共同してBPMessentials.comの運営にあたっています。
(リンク »)


*本文中に記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。


本プレス発表に関するお問い合わせ先
日揮情報ソフトウェア株式会社 マーケティング部
TEL: 045-474-7852
Fax: 045-474-7882
E-Mail: request@jsys-products.com
ホームページ: (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • 【3/31まで早期割引受付中!】「IBM Watson Summit 2017」開催

    日本IBMが主催する最大の国内総合イベント。テクノロジー・リーダーの疑問を紐解く「企業IT、セキュリティー、モバイル、データ解析などの進化を探る」詳細はこちらから!

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!