CentreCOM 9424T/SP-Eがセキュリティー機能等を強化

「Tri-Auth(トライオーセンティケーション)」に対応

アライドテレシス株式会社 2008年02月20日

アライドテレシス株式会社(本社 東京都品川区、代表取締役社長 大嶋章禎)は、レイヤー3ギガビットイーサネット・スイッチCentreCOM 9424T/SP-Eのファームウェアをバージョンアップ、セキュリティー機能等を強化します。802.1X認証/Web認証*1/MAC認証の混在を可能とする「Tri-Auth(トライオーセンティケーション)」を装備した新ファームウェア「Ver.2.4.1」は、2月27日より当社ホームページからのダウンロードサービスを開始します。

「Tri-Auth(トライオーセンティケーション)」は、同一認証インタフェース上でIEEE 802.1X認証/Web認証/MAC認証の混在を可能とする機能で、認証方式が異なるデバイスが存在する場合でも、認証スイッチまたは認証スイッチの接続ポートを分けることなくデバイスを収容することが可能なため、ネットワーク構成を変更せずに認証ネットワークを容易に構築することができます。混在認証環境が構築できるため、認証スイッチの配下に安価なEAP透過スイッチを設置するだけで、セキュアなネットワークをより低コストで構築する事が可能です。また、新ファームウェア「Ver.2.4.1」では、接続ミス等で発生するネットワークのループを検出し、管理者への通知や設定した動作(ポートディセーブル等)を自動的に実行することで対策を容易にする、
ループガード機能を追加し耐障害性が強化されています。
なお、CentreCOM 9424T/SP-E(RoHS)は2月4日から4月30日出荷分まで特別価格キャンペーンを実施しており、キャンペーン期間中は228,000円(ポート単価9,500円 /標準価格398,000円)でご提供しています。
*1 対応予定Webブラウザ: Internet Explorer 6.0/7.0、Firefox 2.0 (Windows, Macintosh, Linux)、Safari 2.0、Opera V9.0 (Windows, Macintosh, Linux)

【新ファームウェアVer.2.4.1により追加、拡張した主な機能】
(1)WEB認証
(2)トライオーセンティケーション(IEEE 802.1X/Web/MAC認証の併用)
(3)マルチプルダイナミックVLAN
(4)ループガード(受信レート検出方式)
(5)DHCPサーバー

【対象製品】
製品名               標準価格(税別) /キャンペーン価格(税別))
CentreCOM 9424T/SP-E(RoHS)  398,000円   /228,000円
CentreCOM 9424T/SP-E       398,000円 
CentreCOM 9424Ts/XP-E(RoHS) 780,000円

<<製品に関するお問合せ先>>
TEL:0120-860442

<<ニュースリリースに対するお問合せ先>>
アライドテレシス株式会社
マーケティング・コミュニケーション部
田中 利道

E-mail: tnakano@allied-telesis.co.jp、totanaka@allied-telesis.co.jp
TEL:03-5437-6042
URL: (リンク »)
アライドテレシス株式会社  東京都品川区西五反田7-21-11第2TOCビル

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

アライドテレシス株式会社の関連情報

アライドテレシス株式会社

アライドテレシス株式会社の記事一覧へ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR