[rankey]英語教育には近道がない。

Mediachannel 2008年03月14日

今や「Education 2.0」時代に入り、今までの学習方法や情報センターの在り方も、他の分野と同じように多きく変化している。きちんとした文法や単語を整理して作られたブログ - ポータルサイトの検索ボックスに‘英語文法整理’だと入力すると、数千件の検索結果が出てくる – こうして本文をコピーしたりプリンタに印刷出力したりして、勉強ができるようになった。

ちょっと放送の代表的なメントらしいコラムのテーマの答は、多くの人々が気づくことができる。
しかしながらその理由に関して明確に答えることができる人は、果たしてどれだけいるのだろうか? ただ単にインターネット環境が提供されたことにより、時間的•空間的制約から自由になった。そして各個人がそれぞれの水準ごとに希望する学習コースを選択することができるという点だけで、その理由を説明してきた。 しかしながら日々、発展/進化している e-Learning サービスを軽く見すぎてはいないだろうか。

数えきれないほど多くのWeb 2.0があるように、e-Learning間係でも、以前から「Education 2.0」と言う話題が出てきている。 最近では韓国大統領業務引継委員会で、公的な英語教育に対する多くの政策/提言が審議されてきた。挫折を繰り返しながらも、もう一度外国語教育への関心、 特に英語教育に対する国民的関心が多くの議論を引起こしている。
もちろん韓国がインターネット先進国であり、利用インフラが違う他の国や他の環境に比べても、非常によく活性化されているとういう事実がある。 前から話題の「 Web 2.0 」や、 昨年から関心事が高まっている 「Social Network Service」などのような概念は、大部分が外国で誕生して韓国に伝わってきたのだ。

海外で成功したグローバルサービスが韓国への進出を宣言しており、インターネットでも外国語のままの情報を検索するテクニックを習得しなければならない。そしてそのような場面/機会がますます多くなっている。中学校や高等学校、場合によっては小学校から大学に至るまで、平均10年以上も英語の勉強をして来た。しかし私たち全てが痛感しているように、私たちの中に残っているのは、他人には見せられない語学成績表と恥ずかしい会話能力だけではないだろうか。一方、韓国のインターネットビジネスが海外進出する場合も増えており、外国人クライアントと直接会う事も多くなっている。むしろ学生の時よりも遥かに進歩した発音と聞取能力を持つようになったビジネスマンも大勢いるが、 大部分のビジネスマンは、学生時代よりも語学力が少々退化していたり、または似たり寄ったりの頼りない状態ではないと思える。

海外のもっと広い世界を知るために、英語学習に夢中なっている人々もいるが、一方では昇進や生き残りのために英語と格闘している人々も多い。早朝や夜間に英語塾や英会話教室に通うのが一般的ではあるが、夜勤をこなさねばならなかったり、また生計の苦しい会社員たちは、インターネットで提供されるオンラインによる英語教育サービスを活用している。昨年のRankey.comの調べでは、中分類「オンライン英語教育 」における月間の利用者数の推移は、年初と比べて減少を見せたが、「 EBSe ( (リンク ») )」 のような新規サイトがオープンして PMP(Portable Multimedia Player:携帯音楽プレーヤー)、携帯電話など多様な機器を使って、英語学習コンテンツを利用するユーザーが増えており、 2008年に増加が期待されるサービスのカテゴリーになっている。

今や「Education 2.0」時代に入り、今までの学習方法や情報センターの在り方も、他の分野と同じように多きく変化している。きちんとした文法や単語を整理して作られたブログ - ポータルサイトの検索ボックスに‘英語文法整理’だと入力すると、数千件の検索結果が出てくる – こうして本文をコピーしたりプリンタに印刷出力したりして、勉強ができるようになった。まだまだ韓国では広く普及するには至ってはいないが、海外サイトの「Podcast(アップル社の MP3プレーヤーであるiPodと、放送(broadcast)の'cast'を組合わせて作った合成語) 」 コンテンツをダウンロードしたり、ネット上でアップデートされた講義を毎日聞くようなことも増えてきた。
特に Web 2.0 技術を利用した語学教育サイトでは、「チァイニーズパッド( (リンク ») ) 」と言うサイトが注目をされている。 Wiki、ブログ, RSS、Podcast等といった学習のために必要なすべての WEB2.0的要素を持つサービスを統合して提供していると言っても過言ではない。

世界的インターネット強国だがまだオフライン的価値を高く評価している韓国

目に見えないものより、現実に目に見えることに「価格」を見出すことに、私たちは慣れている。その結果コンテンツの著作権問題や有料コンテンツの価格論争が毎年繰り返し続けている。 このような状況はインターネットの“e-Learning”でも起こっており、毎年急速な成長をしているにもかかわらず、思ったほどのブームにはなってない。
それは必ずしもインターネット上の有料語学コンテンツを購入してみようということだけではない。(しかしこの分野のサービスの発展のためには、もっと積極的な有料コンテンツの利用も必要なのだが…。)前にも説明したように、もう少しだけ視野を広くして、クリックする手間を惜しまなければ、私たちが現在所有している電子機器やネット環境でも、充分に“e-Learning”による教育の恩恵を受けることができる。

もう一度原点であるキーワードに戻ってみれば、 確かに英語教育にも「近道」があるといえる!
誰もが一緒にこの「近道」を手に入れるためには、高いハードルなしに、簡単で優しく参加できるコンテンツへの分かり易い道標が用意されることが必要である。そして洗練された学習過程に従って、熱心に利用を促進してくれる企業の存在と、利用者個人の努力の継続も必要だろう。

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

Mediachannelの関連情報

Mediachannel

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR