Nortelの40G対応オプティカル・ソリューションを採用し、Neosが英国全域に渡る柔軟な帯域サービスを実現

Neosの次世代オプティカル構想のプロバイダーに選定 英国企業にBODを提供する40Gネットワークを実装

ノーテルネットワークス株式会社 2008年03月27日

ロンドン発 – Nortel* [NYSE/TSX: NT]は、英国の通信事業者であるNeos Networksが、インターネット動画や新たなビジネス通信サービスなど、先進的なアプリケーションの利用により高まる顧客の帯域幅需要を満たすために、Nortelの40G対応オプティカル・ソリューションを採用し、英国全域に高いネットワーク容量を配信していく計画であると発表しました。英国での新たなオプティカル・ネットワークによって、Neosの顧客は、正確にどれだけの帯域幅を、いつ必要とするかを、自由に選択できるようになります。

ロンドン発 – Nortel* [NYSE/TSX: NT]は、英国の通信事業者であるNeos Networksが、インターネット動画や新たなビジネス通信サービスなど、先進的なアプリケーションの利用により高まる顧客の帯域幅需要を満たすために、Nortelの40G対応オプティカル・ソリューションを採用し、英国全域に高いネットワーク容量を配信していく計画であると発表しました。英国での新たなオプティカル・ネットワークによって、Neosの顧客は、正確にどれだけの帯域幅を、いつ必要とするかを、自由に選択できるようになります。

Neosのオプティカル・ソリューションでは、本日発表されたNortelの強力な新製品40G/100G Adaptive Optical Engineを採用する予定です。Neosは、まず40Gネットワークの基盤となる10Gのライブ・ネットワークを導入し、翌月には40Gネットワークのエレメントの試験運用に入ります。

Neos Networksの新たなオプティカル・ネットワーク上で稼働する帯域幅サービスのポートフォリオには、Liquid Bandwidthと呼ばれる製品が含まれています。この製品は、必要に応じてシームレスかつ迅速に帯域幅を増減できる柔軟性を備えた、カスタマイズされたネットワーキング・ソリューションを実現します。Scottish and Southern Energy plcが所有する電気通信の事業者であるNeos Networksは、英国の大手ネットワーク・オペレーターの1社で、急成長しているイーサネット・サービスをはじめ、信頼性と柔軟性に優れた接続サービスのポートフォリオを提供し、英国企業顧客と卸売顧客の商用ニーズを満たしています。

Neos Networksの最高経営責任者であるエイドリアン・パイク(Adrian Pike)氏は次のように述べています。「当社顧客は、安定的で高速な超広帯域サービスをオンデマンドで配信する当社を信頼しています。当社は、Liquid Bandwidth製品を使用することで、日々のビジネス要件に適した動的なイーサネット接続を提供できるのです。国内全域をカバーするオプティカル・ネットワーク用にNortelソリューションを採用したのは、Liquid Bandwidthをサポートするために実証済みの柔軟で拡張性の高いプラットフォームが必要だったからです。また、Nortelプラットフォームによって、今すぐにコスト効率の良いポイントツーポイント・ギガビット・イーサネット2.5Gおよび10Gサービスを提供できるだけでなく、今後、100Gへの最も有望な移行パスを確保しながら、簡単かつコスト効率良く40Gサービスに拡張できます。これらは、同じネットワーク上で実現でき、運用も複雑になることはありません。この点が、当社の選択プロセスにおいて重要な要因となりました。」

Nortelのメトロ・イーサネット・ネットワーク部門の社長、フィリップ・モリン(Philippe Morin)は次のように述べています。「特に40Gに拡張した場合には、必要に応じて帯域幅を抑制できる能力が、Neosの競争上の差別化要因となります。これによって、顧客は帯域幅をそれぞれの必要に応じて購入でき、必要なものに対して支払うだけで済むという、驚くべき柔軟性の提供が可能となります。Neosの次世代ネットワークによって、Neos自身も、ネットワークに接続可能または接続する必要のあるデバイス数が急増し、ネットワークに接続されていくハイパーコネクティビティーという大きな流れをサポートするためのポジションを確保したことになります。つまり、Neosネットワークは、顧客要件を満たすために必要なトポロジーの中で、ビジネスと同調して稼働し、オンデマンドで帯域幅を提供できます。」

Neosは、10Gおよび40Gネットワーク・サービスを提供するために、Nortelのオプティカル・ネットワーク・ソリューションを選択しました。このソリューションによって、サービス・プロバイダーは、導入および運用コストを低く抑えながら、急成長するイーサネット・サービスを提供することができます。さらに、もっとも煩雑なルート上で40G波長にトラフィックが集約されるため、容量が節約でき、ネットワークの将来を保証することになります。

Nortel 40G/100G Adaptive Optical Engineは、コスト効率の良い10Gネットワーク設計上で40G伝送を可能にする、コヒーレント検出を備えたDual Polarization Quadrature Phase Shift Keying変調方式に基づいています。同テクノロジーは大量配備可能な100G伝送に使用でき、またROADM(Reconfigurable Optical Add/Drop Multiplexing)を活用することで、迅速なオール・オプティカル・ネットワークを実現できます。Nortel 40G/100G Adaptive Optical Engineは、情報を乗せた40G光波を2,000km以上に渡って搬送することが可能でありながら、計画、配備するネットワーク機器数は少なくすみ、保守の手間も低減されることから、もっとも魅力的なコスト構造となります。また、Neosのソリューションには、NortelのOptical Multiservice Edge 6500とCommon Photonics Layer製品も含まれています。

ネットワークに必要な業務運用管理を提供するNortel Optical Network Managerは、最先端のネットワーク・プランニング・ツールと組み合わせれば、ネットワークの構築および運用とサービスの管理が可能になります。

Neos Networks Ltdについて
Neos Networksは、Scottish and Southern Energy Groupの一員であり、14,000人以上の従業員を擁する、売上高119億ポンドのFTSE Top 40企業です。1997年に設立されたNeosの目的は顧客に革新的で柔軟なコスト効率の良い通信ソリューションを提供することであり、これには同社の一貫した哲学が反映されています。Neosは、収益は言うまでもなく、英国でも最も財務面が安定しているサービス・プロバイダーの1社です。2007年には、顧客離れを最小限に抑えながら、新規ビジネスが実質的な成長を遂げました。これは、ネットワークに投資し、顧客を第一に考え、スケジュールおよび予算どおりに質の高いプロジェクトを遂行し、インストール後の極めて高度なサービス・レベルを保証したことで達成されました。Neosは、他の通信事業者、ネットワーク・インテグレーター、B2Bを対象に、同社所有の広範な英国の光ファイバ・ネットワークを介したL1およびL2接続のプロビジョニングに重点を置いた製品セットを備えたネットワーク・オペレーターです。

Nortelについて
Nortelは、通信技術分野のリーダーとして、BUSINESS MADE SIMPLE(ビジネスをよりシンプルに)という理念を具体化して顧客の皆様に提供します。Nortelは通信事業者と企業の双方に向けた次世代技術により、マルチメディアやビジネスに必要不可欠なアプリケーションをサポートします。またNortelは、ネットワークを簡素化し、人と必要な情報を必要なときに結びつけて、効率改善、迅速化、パフォーマンス向上における障害を取り除くよう技術設計を行っています。Nortelの事業展開は世界150か国以上におよびます。詳しくは、www.nortel.com をご覧下さい。またNortelに関する最新のニュースは、www.nortel.com/news でご覧いただけます。

当プレスリリースには、「可能性」「見込み」「場合」「期待」「思われる」「意向」「約」「計画」「想定」「努める」およびそれらに類似する表現およびそのバリエーションが含まれている場合があります。これらの表現は、関連証券法にもとづく予示的声明や情報を示しています。これらの情報は、Nortelを囲む事業環境、景気、市場に対するNortelの現時点における期待、見積、予測、予想に基づいています。またこれら情報は、予想が難しい重要な推定、リスク要因、不確定要因の影響を受けます。当プレスリリースで説明された結果や出来事は、実際の結果あるいは出来事と異なる場合があります。これらの要因やその他の詳細については、Nortel が米国証券取引委員会に提出した年次報告書Form 10-K、四半期報告書Form 10-Qおよびその他の提出書類に記載されています。Nortelは、適用法により要求されない限り、新情報、将来の出来事、その他の如何にかかわらず、あらゆる予示的声明を含め、このプレスリリースのあらゆる記載情報について、それを更新・改正する意思あるいは義務を放棄します。

* Nortel、Nortel ロゴ、グローブマークは Nortel Networksの商標です。

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 【3/31まで早期割引受付中!】「IBM Watson Summit 2017」開催

    日本IBMが主催する最大の国内総合イベント。テクノロジー・リーダーの疑問を紐解く「企業IT、セキュリティー、モバイル、データ解析などの進化を探る」詳細はこちらから!