中訊グループの日本法人三社統合、日本のサービス体制を強化へ

~新社名として「サイノコム・ジャパン株式会社」を採用~

サイノコム・ジャパン株式会社 2008年04月09日

2008年4月9日、東京: サイノコム・ソフトウェア・グループ(中訊軟件集団:SinoCom Software Gruop、香港証券取引所上場コード0299)は、日本国内における傘下のグループ会社である「日本中訊株式会社」(以下、日本中訊)、「申軟コンムテック株式会社」及び「中訊ハイテク株式会社」の3社について、日本中訊を存続法人として全ての事業を統合することを発表しました。また、この統合に併せ、日本中訊は社名を「サイノコム・ジャパン株式会社」に変更します

統合後のサイノコム・ジャパン株式会社は、主としてオフショアソフトウェア開発に伴って必要となる日本国内での各顧客向けのオンサイト・サービスを引き続き主な業務をとして行います。グループ内のリソースやノウハウが柔軟に組み合わせられるようになるため、サービスの更なる強化・拡充を通じて、グループ全体の運営力の向上を促すことを目標としています。
「この事業統合により、グループ全体でのリソースが強化され、お客様のニーズに対してより柔軟に応えていくことが可能になります。」とサイノコム・ソフトウェア・グループCOOである王緒兵はコメントしています。「グループの事業基盤がさらに安定し、お客様にとってより一層安心できるパートナーになることができると考えています。」

この新体制のもと、サイノコム・ソフトウェア・グループの日本におけるサービス提供体制の強化を図り、更なるクオリティとパフォーマンスの向上に努め、日本のお客様の中国オフショア開発についての「ベスト・パートナー」となることを目指します。
また、サイノコム・ジャパン株式会社は、関西地区のお客様向けサポートを強化するために、大阪に支社を設置しました。

サイノコム・ソフトウェア・グループについて
サイノコム・ソフトウェア・グループ (中訊軟件集団) は、中国をベースとしグローバルに事業を展開するソフトウェア・アウトソーシング開発サービスのリーディング・カンパニーです。3,300名以上の技術者を擁する同社は、日本、米国及び中国のさまざまな企業に対してオフショアでのソフトウェア開発サービスやITサポートサービスを提供しており、その独自のソフトウェア・ラボラトリ・システムにより、特に金融系の基幹システムの開発に関して数多くの実績を上げています。サイノコムの売上は2006年度末には377百万香港ドルに達しており、香港証券取引所のメイン・ボードに上場しています。
詳細はwww.sinocom.cn/jp, www.sinocom.jpをご参照ください。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

サイノコム・ジャパン株式会社の関連情報

サイノコム・ジャパン株式会社

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?