SaaS OnDemand帳票をウイングアークとオプロが完全補完

~ 帳票のトップベンダーがSaaS分野で提携し統一帳票出力プラットフォームを提供へ ~  

ウイングアーク1st株式会社 2008年04月15日

 ウイングアーク テクノロジーズ株式会社 (本社:東京都港区、代表取締役社長 内野 弘幸 以下、ウイングアーク テクノロジーズ)と日本オプロ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長 里見 一典 以下、日本オプロ) は、SaaS分野での帳票事業において業務提携をおこない、統一帳票出力プラットフォームを提供することを発表いたします。

 ウイングアーク テクノロジーズと日本オプロは帳票サービス分野のトップベンダーであり、帳票SaaS分野で先行している両社の業務提携によりSaaS市場全般に渡る統一的な帳票出力プラットフォームを提供いたします。
 導入コストを抑え、必要な分だけサービスを利用できるSaaSの活用が本格化してきていますが、SaaS環境における帳票出力は利用者にとって大きな課題となっています。SaaSの活用によって業務の効率化など、さまざまなメリットがもたらされますが、そのメリットを最大限に活かすためには業務にあった帳票運用が必要です。日本には独自の文化や習慣があり、ビジネスシーンにおいても、運用に必要な工夫を凝らした見積書、請求書、申請書や工程管理表など多様な帳票運用にその文化が反映されています。
 SaaSの真の価値を引き出すためには、業務の流れとなってシステムを支える帳票運用が必要不可欠となっています。

 こうした背景から、日本の業務に欠かすことのできない帳票運用の観点からSaaSを捉え、両社の提携によりSaaS環境での効率的な業務運用を支える統一帳票出力プラットフォームを提供してまいります。
 統一帳票出力プラットフォームは両社の帳票サービスの強み、ノウハウなどを活かし、SaaS利用者に安心安全な環境を提供いたします。帳票分野のトップベンダーの提携により、今後は世界を見据えた帳票サービスインタフェースの統一をはかり、利用者に大きなメリットを提供できるものと考えております。

【ウイングアーク テクノロジーズ株式会社について】
( (リンク ») )
「Form&Data」のウイングアーク テクノロジーズ株式会社は、大手SI企業や企業の情報システム部門が取り組むシステム開発と現場業務の効率化をはかるため、「帳票、レポート、ドキュメン ト」の分野に特化したツール・ミドルウエア製品、サービス、サポート、導入支援、トレーニング等のサービスを提供します。情報システムに共通する「デー タ」のINとOUTに対して、業務に見やすい「フォーム」を使ったユーザインターフェイスによって、ソフトウエアの組み合わせによる短期システム構築と、 わかりやすい業務の運用を実現しています。また、帳票運用におけるノウハウを備えたSaaSによる帳票サービス「帳票SaaS」を提供し、様々な業務サー ビスやシステムと迅速でシームレスに連携する帳票運用環境を提供いたします。

【日本オプロ株式会社について】( (リンク ») )
日本オプロ株式会社は、分散型電子帳票システム OPRO X Serverファミリーの開発・販売を中心にコンサルティング、受託開発などを行っています。「謙虚・誠実・進取」を経営理念に社会に貢献するサービス・ソリューションの提供とソフトウェア開発拠点である関連会社OPRO LANKA(スリランカ)とともにアジア、北米、ヨーロッパなどのグローバルな市場に向けて飛躍を目指しています。

※本プレスリリースに記載されている会社名、製品名等は各社の登録商標または商標です。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 【3/31まで早期割引受付中!】「IBM Watson Summit 2017」開催

    日本IBMが主催する最大の国内総合イベント。テクノロジー・リーダーの疑問を紐解く「企業IT、セキュリティー、モバイル、データ解析などの進化を探る」詳細はこちらから!