オールアバウト、環境問題とユーザの意識の高まりを受けて、「All About エコ」を新たに開設 ~環境問題・エコロジーに関する情報を専門家の知見を交えながら提供~

株式会社オールアバウト 2008年04月24日

総合情報サイト「All About」を運営する株式会社オールアバウト(本社:東京都渋谷区、
代表取締役社長 兼 CEO:江幡 哲也、ジャスダック証券取引所、証券コード:2454、以下
「オールアバウト」)は、専門家がガイドする総合情報サイト「All About」において、
環境問題、エコロジーに関する生活情報を提供するエコ専門のサイト「All About エコ」
を開設いたします。
All About エコ URL : (リンク »)

本日オープンする「All About エコ」では、「エコ家事(ガイド:立石 絹子氏)」や
「エコライフ(ガイド:マエキタ ミヤコ氏)」など、環境問題やエコに関連するテーマ
を担当する“その道のプロ(=ガイド)”が執筆した記事をはじめ、All About編集部に
よる記事やエコに関するキーワードの一覧を提供します。All About編集部による第一回
目の記事としては、本日より「100年後も地球に住みたいですか?」をお届けし、以後、
隔週で更新していきます。また、今後は、現状の解説やエコの取り入れ方のノウハウだけ
ではなく、企業のエコに対する取り組みや姿勢を積極的に紹介したり、「ナチュラルフー
ド」「リサイクル」「エコグッズ」など、新たなテーマのガイドサイトをオープンしたり
することで、コンテンツを充実させていきます。

オールアバウトでは、30~40代の男女に向けたAll Aboutのオピニオンウェブマガジン「
All About Life」で、2007年8月に1ヶ月にわたって実施した特集「そろそろ本気のエ
コ宣言!」が好評だったこともあり、ウェブメディアとしての取り組み方を検討し、ユー
ザの意識が確実に高まりつつある現況を受けて「All About エコ」の開設に至りました。
これにより、オールアバウトでは、環境問題について考える機会と生活の改善方法を具体
的な事例の紹介や取り入れ方のヒントを交えて提供してユーザの期待に応えるとともに、
生活者ひとりひとりが実践できる「エコ」をユーザと一緒に考え、ユーザの意識を高める
ことを試みます。

また、オールアバウトでは、「All About エコ」の開設とタイミングを同じくして、環境
問題に対する取り組みの一環として自社でもエコ活動を推進すべく、政府の地球温暖化対
策推進本部が推進する国民運動「チームマイナス6%」に参加いたします。会議室へのプ
ロジェクター導入でペーパーレス化を目指すと同時に、不要照明の消灯、温度設定の管理
などを日々行うことで、企業としても取り組み、「All About エコ」チャネルで1,660万
人のユーザに対して呼びかける活動と合わせて、地球温暖化防止運動に対して貢献してま
いります。

All Aboutについて   (リンク »)
株式会社リクルートとヤフー株式会社を大株主とする株式会社オールアバウトが運営、約
500のテーマごとに、専門の知識や経験を持った人=「ガイド」が、その分野に関する情
報を提供する総合情報サイトです。2001年2月15日にオープンし、2007年6月には月間のユ
ニーク・ユーザー数が1,600万人を突破しました。独自記事の展開を中心にシステムだけ
では到達しない満足度へ“人”が編集・ナビゲートするサービスです。

[この件に関するお問い合わせ先]
株式会社オールアバウト 広報担当:立石
TEL:03-5447-3770  FAX:03-5447-0034 E-mail: pr@im.allabout.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社オールアバウトの関連情報

株式会社オールアバウト

株式会社オールアバウトの記事一覧へ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?