LTEネットワーク加入者は3年間でゼロから3200万へ

株式会社データリソース 2008年06月17日

米国の調査会社ABIリサーチ社は、LTEネットワーク利用者は2013年に3200万以上になると報告する。

米国ニューヨーク、2008年6月12日
Long Term Evolution(LTE)ネットワークの商業利用は2010年までは予定されていないが、2013年にはLTEネットワーク利用者は3200万以上になると米国調査会社ABIリサーチの調査レポート「Long Term Evolution(LTE)」は予測している。モバイルオペレータの大手3社、China Mobile、Vodafone、Verizon Wirelessが、LTEの導入計画を発表している。

地域的に見ると、アジア太平洋地域が最大のシェアを占めるだろう。「2013年に、アジア太平洋地域のLTEネットワーク加入者は約1200万になるだろう」とシニアアナリストのNadine Manjaro氏は言う。「その他は、西ヨーロッパと北米で60-40%を占めるだろう。」

日本では、NTTドコモとKDDIがLTEサービスを提供し、導入に拍車がかかるだろう。

中国では、政府の3Gライセンス発行が行われていないものの、そのことがLTEの促進要因となりえる。「オペレータが3Gを飛び越してLTEを採用しても不思議はない」とManjaro氏は言う。「中国では、オリンピック期間中にTD-SCDMA 3G技術が小規模で採用される。だが、オペレータは1-2年以内にアップグレードしなければならないため、TD-SCDMA 3Gやその他の3G技術に何億ドルも費やして導入しないだろう。」

LTEの導入には新しいハードウェアやソフトウェアが必要なため、多くのビジネス分野で利益が生まれるだろう。2010年までは、ネットワークの互換性やパフォーマンスに貢献するテスト機器ベンダが利益を得るだろう。またサービス提供に必要なネットワークインフラ機器のベンダが利益を生むだろう。

もちろんデバイスメーカーも収益を獲得するだろう。LTEは主に音声ではなくデータに利用されるため、最初の段階では、コンピュータ用USBドングルなどのデバイスが製造されるだろう。ABIリサーチは2013年までに5300万台が出荷されると予測する。LTEはケーブルサービスやDSLサービスと直接競合することになるため、家庭向けモデム、モバイルインターネットデバイス(MID)、ウルトラモバイルPC (UMPC)も多数出荷されるだろう。デバイス市場にとっては、「またとないビックチャンス」だ、とManjaro氏は言う。

ABIリサーチの調査レポート「Long Term Evolution (LTE)」は、LTE の進行計画、オペレータ戦略、移行計画を図表で示している。IPR、バックホール、セキュリティについて論じ、加入者数、基地局、フェムトセルの予測や、計画中のLTEの試行と導入を列挙している。

この調査レポートは、「モバイルネットワーク年間リサーチサービス」の一環である。同サービスには、他の調査レポート、「Research Briefs」、「Market Data」、「Online Database」、「Vendor Matrix」、「ABI Insights」、アナリストへの質問時間が含まれる。

◆調査レポート
Long Term Evolution (LTE):ネットワーク導入戦略、市場促進要因、ビジネスチャンス、課題 (リンク »)

◆米国 ABIリサーチについて
(リンク »)

◆このプレスリリースに関するお問合せ
株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
(リンク »)
Eメール:info@dri.co.jp

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社データリソースの関連情報

株式会社データリソース

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?