一般向け緊急地震速報のみを放送する 緊急地震速報アダプター「EEW100」を発売

株式会社アレクソン 2008年07月01日

アレクソンは一般向け緊急地震速報を受信し、放送する機器を7月1日より販売開始しました。

弊社はこの度、注目が高まっている一般向け緊急地震速報:以下、緊急地震速報」を受信し、放送する緊急地震速報アダプター「EEW100:以下、本製品」を、7月1日より販売開始します。

 本製品は、放送局が配信している「一般向け緊急地震速報(以下、緊急地震速報)」を受信し、緊急地震速報のみを放送する機器です。本製品が緊急地震速報を自動検出するため、常にテレビやラジオの放送を視聴し続ける必要がありません。また、放送局から配信される緊急地震速報を利用するため、ADSLや光回線などの有料回線や月々の情報受信料が必要ないのが最大の特徴となります。

 本製品は、スピーカーを内蔵しているため単体でも利用でき、更に本製品に接続される回転灯やLEDボード、アンプなどの外部機器を自動制御できるため、効果的に緊急地震速報を伝えることができます。また、「テスト放送機能」を搭載しており、災害時に迅速な対応ができるよう避難訓練等にも活用できます。

 主な用途としては、オフィス、工場、テナント、公共施設、一般家庭など、様々な環境で使用できる緊急地震速報アダプターです。

【主な特長】

 ・ADSLやFTTHなどの回線利用料は必要ありません
  本製品はAM/FM放送局が配信する緊急地震速報を受信し、放送します。従って月額利用料は必要ありません。

 ・月々の情報受信料は必要ありません
  本製品はAM/FM放送局が配信する緊急地震速報を受信し、放送します。従って月額利用料は必要ありません。

 ・緊急地震速報のみを放送します
  本製品は設定したAM/FM放送局が配信する緊急地震速報のみを内蔵スピーカーや、接続機器を通して放送しますので、常時放送を視聴することなく、緊急地震速報のみを入手することができます。

 ・外部機器を制御できます
  アンプ、放送設備などの外部機器と接続し、内蔵の制御端子によりこれらの機器を緊急地震速報の受信時に自動制御することができます。例えばアンプを起動して放送したり、回転灯のスイッチを入れることもできます。

 ・音楽放送設備と組み合わせることができます
  通常、音楽や放送を流している場所では、緊急地震速報を受信した際には、それらの放送を強制的に中断し、緊急地震速報を放送します。放送時間は約40秒で設定されており、その後通常放送に戻ります。

 ・スピーカーを内蔵しています
  スピーカーを内蔵していますので、ワンフロアでご利用の場合、放送設備がなくてもEEW100のみを設置してご利用いただくことができます。

 ・避難訓練に利用できます
  緊急地震速報を放送するだけではなく、避難訓練用のテスト放送を流すことができます。運用中の設備を利用できるので、より実際に近い訓練が行えます。

このプレスリリースの付帯情報

緊急地震速報アダプターEEW100

用語解説

【一般向け緊急地震速報について】
 「緊急地震速報」は気象庁がP波という実体波を捉え、大きな揺れが来る前に震度や震源を予測して、情報を広く一般に発表する「早期地震警戒システム」です。2007年10月より、テレビ・ラジオでの放送が開始されており、NHKラジオ放送においても、一般向け「緊急地震速報」の運用を行っています。また在京民放ラジオ局では2008年4月から、在阪民放ラジオ局では2008年7月より順次運用開始されています。

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社アレクソンの関連情報

株式会社アレクソン

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR