IHGが、ホテル会員プログラム「プライオリティ・クラブ リワーズ」で、海外での携帯電話利用にポイント加算を開始

獲得したポイントは、無料宿泊など多彩な特典に交換可能

IHG・ANA・ホテルズグループジャパン合同会社 2008年07月10日

2008年7月10日、シンガポール発:IHGは本日、会員数3,700万人以上を擁する世界最大のホテル会員プログラム「プライオリティ・クラブ リワーズ」では、海外の滞在先の携帯電話のローミングサービスのご利用に応じてポイントを獲得できる特典を開始することを発表しました。アジア太平洋地域では、日本をはじめ、香港特別自治区、インド、インドネシア、韓国、パキスタン、シンガポール、スリランカ、タイが対象です。
具体的には、プライオリティ・クラブ リワーズ会員が、この特典の対象国の滞在先で、ローミングサービスで携帯電話を発信すると、その通話の1分ごとに2ポイントから10ポイントを獲得できます(どの国から発信するかによって獲得ポイントは異なります)。さらに、香港およびインドでは、発信だけでなく受信の通話でもポイントが加算されます。携帯電話利用によって獲得したポイントは、プライオリティ・クラブ リワーズの多彩な特典(ホテル無料宿泊、航空券、食事券、商品券など)と交換できます。
ホテル無料宿泊特典は、世界中で約4,000軒にのぼるIHGのグループホテル(インターコンチネンタル ホテルズ&リゾーツ、クラウンプラザ ホテルズ&リゾーツ、ホテル インディゴ、ホリデイ・イン、ホリデイ・イン エクスプレス、スティブリッジ・スイーツ、キャンドルウッド・スイーツなど)が対象です。また、海外から日本に渡航する会員の皆様には、ANAインターコンチネンタルホテル、ANAクラウンプラザホテルをはじめとした、IHG・ANA・ホテルズグループジャパンが日本国内で展開する41ホテルも含まれています。
今回の画期的なプログラムは、トラベリング・コネクト社との提携により実現しました。同社は、航空業界や通信業界向けにCRM(顧客関係管理)プログラムを提供している、世界有数のソリューション・プロバイダーです。この特典では、アジア以外にも、アフリカ、ヨーロッパ、中近東の7カ国においても携帯電話会社との提携により特典の対象で、プライオリティ・クラブ リワーズ会員がローミングサービスを利用した場合にポイントが加算されます。なお、この特典が適用される通信事業者は、国別に指定されています。
IHGアジア太平洋地域 セールス&マーケティング シニア・バイスプレジデントであるゲイリー・ローゼン(Gary Rosen)は、次のように述べています。「プライオリティ・クラブ リワーズは、有益で利用しやすい新サービスを次々と取り入れて会員の皆様に大きな価値を提供してきたことにより、今や世界最大のホテル会員プログラムとなっています。今回、携帯電話の通話時間に応じたポイント付与サービスの導入により、これまではコストでしかなかったことが即座に特典に結びつきます。昨年末に全世界で26億人に達したとされる携帯電話ユーザーは、2014年までに倍近い41億人になると予測されており 、このサービスの将来性はとてつもなく大きなものです。」
プライオリティ・クラブ リワーズ会員は、簡単な登録を行うだけで携帯電話のご利用によるポイントを獲得できます。トラベリング・コネクト社のウェブサイトにログインし(下記参照)、プライオリティ・クラブ リワーズ会員番号と携帯電話番号をご登録ください。各会員は携帯電話番号を3つまで登録できます。ローミングサービス利用対象国にご旅行されますと、提携する携帯電話会社からウェルカムメッセージが送信されます。該当する携帯電話ネットワークを選んで通話をご利用いただきますと、ポイントが付与される仕組みです。プライオリティ・クラブ リワーズの日本語ウェブサイト上でも、今月中に本件に関する情報が紹介される予定です。

■ 登録用ウェブサイトURL: (リンク »)

■ 国別の携帯電話のローミングサービス通信事業者一覧:

国名(アジア太平洋地域)ローミングサービス事業者
香港 Hutchison
インド Hutchison
インドネシア Indosat
韓国 KTF
マカオ Hutchison
パキスタン Mobilink
シンガポール StarHub
スリランカ Mobitel
タイ True Move
日本 NTTドコモ
以上

<インターコンチネンタル ホテルズ グループ(IHG)について>
インターコンチネンタル ホテルズ グループ【IHG、Lon:IHG; NYSE:IHG (ADRs】は、英国に本社を置く、客室数で世界最大のホテルグループです。IHG は、多くの関連会社を通して、世界の約100 の国や地域に4,000 近くのホテル、59万以上の客室を、所有、運営、リース、もしくはフランチャイズ契約しています。IHG は、認知度が高く、お客様に支持されるホテルブランドであるインターコンチネンタル ホテルズ&リゾーツ、クラウンプラザ ホテルズ&リゾーツ、ホリデイ・イン ホテルズ&リゾーツ、ホリデイ・イン エクスプレス、スティブリッジ・スイーツ、キャンドルウッド・スイーツ、ホテル インディゴなどを有しています。また、3,700 万以上の会員数を誇る世界最大のホテル会員プログラム、「Priority Club Rewards(プライオリティ・クラブ リワーズ)」を運営しています。
IHG は、International Hotels and Environment Initiative(国際的なホテルと環境のイニシアティブ:IHEI)を創設し、観光業界では最も早く環境問題への取り組みを始めました。IHEI は、国際ビジネスリーダー・フォーラムが2004 年に開始したツーリズム・パートナーシップの基盤作りに取り組み、IHG は現在もその一員として活動しています。環境と地域社会は、IHG の世界規模の企業責任という重点事項の中心に位置づけられています。
IHGは、1,600以上のホテルの開発を計画しており、今後数年間にグローバルな展開計画の中で、約150,000人の雇用を必要としています。IHGは、グループの持ち株会社であり、英国で法人格を取得し、イングランドとウェールズに登記しています。

IHG では、各種情報の入手や、宿泊予約をインターネット上で行うことができます。各ホテルに関する情報、及びご予約に関しては、 (リンク ») までどうぞ。また、グループのホテル会員プログラム「Priority Club Rewards(プライオリティ・クラブ リワーズ)」に関しては (リンク ») をご確認ください。
IHG の最新情報については、メディア向けページ (リンク ») にてご覧いただけます。
IHG・ANA・ホテルズグループジャパンのウェブサイトURL: (リンク »)
IHG・ANA・ホテルズグループジャパンのプレスリリースウェブサイURL: (リンク »)


<プライオリティ・クラブ リワーズについて>
IHGが所有・運営するプライオリティ・クラブ リワーズは、ホテル業界初の、最大また最も急速な成長を続けているホテル会員プログラムです。会員数は世界で3,700万人以上、アジア太平洋地域で300万人以上を有しています。本年、プログラム誕生25周年にあたり第20回フレディ賞の功労賞(Lifetime Achievement Award)を受賞、また、昨年は中国酒店星光奨(China Starlight Awards)の最優秀ホテル・ロイヤリティ・プログラムにも選ばれました。プライオリティ・クラブ リワーズは、ホテル会員プログラムとしては最も多彩な特典を提供し、ホテルの無料宿泊、航空会社のマイル、商品券、レンタカー(米国のみ)などと交換することができます。プライオリティ・クラブ リワーズは、あらゆるホテル会員プログラムの中で最も人気のある特典と使いやすさを誇っています。ポイントの有効期限や無料宿泊の除外日が無いことも特長の一つです。

<トラベリング・コネクト社について>
トラベリング・コネクト社(Travelling Connect)は、通信業界向けに顧客ロイヤリティ管理プログラムを提供している世界有数のサービス・プロバイダーです。同社のサービスは、携帯電話会社の国際ローミング事業の収益性向上に貢献しています。世界中で増加傾向にある海外渡航者に、フリークエント・トラベラーのマイルやポイントを付与する(国際的な)顧客ロイヤリティ・プログラム同士のパートナー契約を実現することにより、提携を交わした顧客企業相互のエンドユーザーのロイヤリティを高めることに成功しています。


報道関係お問い合わせ先:
IHG・ANA・ホテルズグループジャパン
広報 潮 孝子
Tel: 03 3505 9626
Takako.ushio@ihganahotels.com


プライオリティ・クラブ リワーズに関するお客様のお問い合わせ先:
サービスセンター
Tel: 03 5767 9325
営業時間: 9:00-18:00(土・日・祝日除く)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

IHG・ANA・ホテルズグループジャパン合同会社の関連情報

IHG・ANA・ホテルズグループジャパン合同会社

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • 【3/31まで早期割引受付中!】「IBM Watson Summit 2017」開催

    日本IBMが主催する最大の国内総合イベント。テクノロジー・リーダーの疑問を紐解く「企業IT、セキュリティー、モバイル、データ解析などの進化を探る」詳細はこちらから!

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!