「サービス化するビジネス・アプリケーションのビジネスモデルとSaaS市場の動向2008」を販売開始

~SaaS/PaaSが創り出す新たなソフト・ビジネスの潮流を探る~

サイボウズ・メディアアンドテクノロジー株式会社 2008年08月07日

インターネットビジネスの総合シンクタンクであるサイボウズ・メディアアン ドテクノロジー株式会社(代表取締役 土屋 継 東京都港区)は、株式会社 マーケティングビジョン研究所(東京都千代田区)が提供する調査レポート「 サービス化するビジネス・アプリケーションのビジネスモデルとSaaS市場の動 向2008」の販売を開始しました。 詳細ページ: http://shop.ns-research.jp/3/1/11906.html

報道関係者各位

平成20年8月7日
サイボウズ・メディアアンドテクノロジー株式会社
(リンク »)
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
サイボウズ・メディアアンドテクノロジー、
「サービス化するビジネス・アプリケーションのビジネスモデルと
                    SaaS市場の動向2008」を販売開始

 ~SaaS/PaaSが創り出す新たなソフト・ビジネスの潮流を探る~
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
■■ 要約 ■■
 
インターネットビジネスの総合シンクタンクであるサイボウズ・メディアアン
ドテクノロジー株式会社(代表取締役 土屋 継 東京都港区)は、株式会社
マーケティングビジョン研究所(東京都千代田区)が提供する調査レポート「
サービス化するビジネス・アプリケーションのビジネスモデルとSaaS市場の動
向2008」の販売を開始しました。
 
詳細ページ: (リンク »)
 

■■ 資料概要 ■■
 
インターネットを通じて、ソフトウェア機能を提供するモデルは、
従来ASPサービスとして存在してきましたが、このASPサービスが普及期を迎え、
SaaSと呼ばれる新しいサービスが台頭するなど『ソフトウェアのサービス化』
が進んでいます。
 
こうしたソフトウェアのサービス化、SaaSモデルによるビジネスで先鞭を
つけたのが、独自の技術力とサービスビジネスモデルをもつSalesforce.com
などの米国系ベンダでしたが、国内市場においても彼らを追うかたちで、
国内の有力ITベンダが2007年から2008年にかけて、相次いで、このSaaS市場
に参入しています。
 
特に2008年に入ってからは、富士通、NEC、日本ユニシス、KDDI、NTTグループ
と言った国内の有力ITベンダ、通信キャリアなどがSaaS提供するための
「プラットフォーム(SaaS提供基盤)」を整備していくことを明らかに
しており、今後これらのSaaSプラットフォームを活用して、多くの
ソフトウェアベンダがSaaSビジネスを展開していくものと思われ、日本市場
独自のSaaSビジネスモデルが形成されるものと予想されます。
 
本調査(2008年3月~6月)は、前回(2007年1~3月)からの経年調査との位置
づけで、SaaS市場の形成期ということを考慮し、「国内におけるSaaSビジネス
がどのように形成されるのか」、また「どのような市場成長が期待されるのか」
の視点に立って、SaaSビジネスを促進していく上での、ビジネスモデルの構造
やサービス提供のあり方/考え方、また、SaaSビジネスにおける課題と今後の
方向について捉えています。
 

■■ 資料のポイント ■■
 
1. ベンダ各社のSaaS事業のポジショニング
(事業の位置づけ方とSaaSビジネスの背景について)
 
2. SaaSモデルの仕組みと提供するサービスの内容
(提供するアプリケーションの種類と価格/サービス上の特徴について)
 
3. サービスエリア/顧客別に見た販売動向
(顧客ごと/アプリケーションごとに見た販売動向/顧客ターゲットなど)
 
4. ベンダ各社の販売戦略とアライアンスの進め方/考え方
(どのように売上拡大を目指すのか/どのようなアライアンスを行うのかなど)
 
5. ベンダ各社の今後のSaaSビジネスの方向性
(サービスの強化方向、今後のターゲット、パートナ強化に向けた
 取り組みなど)
 

■■ 資料目次 ■■
 
〔総合分析編〕
1. SaaSとはどのようなサービスなのか
 -ベンダ各社のSaaSビジネスから見えるものとは-
 
2. SaaS関連市場のマーケット(市場規模)動向と成長性
 -2011年までの市場規模予測-
 
3. 国内のSaaS市場の環境-前回調査(2007年度)と比較して
 
4. ベンダ各社のSaaSビジネスの位置づけ方
 
5. SaaSベンダ各社の事業戦略/マーケティング戦略の考え方
 
6. ITベンダ各社のSaaS関連ビジネス参入の動き(調査対象31社以外のベンダ)
 
7. SaaSビジネスにおける課題と方向性-ソフトウェアのサービス化は
 どのように進むのか-
 ・事業者の視点から見たSaaSビジネスの課題とは何か
 ・事業者の視点から見たSaaS市場の方向とは(今後の市場展望について)
 
8. SaaS関連業界団体の取り組み
 ・ASPIC(ASP・SaaSインダストリコンソーシアム)の取り組み
 ・MIJS(メイドインジャパンソフトウェアコンソーシアムの取り組み
 ・CSAJ(社団法人コンピュータソフトウェア産業協会)の取り組み
 
9. 官公庁におけるSaaS関連施策の動向
 ・総務省におけるSaaSへの取り組み
 ・経済産業省におけるSaaSへの取り組み
 
〔個別分析(個票)編〕
1.SaaSプラットフォームを提供するベンダ(ソフトウェア提供を含む)8社
 ・セールスフォースドットコム
 ・ネットスイート
 ・富士通
 ・NEC
 ・日本ユニシス
 ・日本SGI
 ・KDDI
 ・NTTグループ(NTT・NTTコミュニケーションズ・NTTPC・NTTデータ・
  NTTデータイントラマート)
 
2.SaaSソフトウェアベンダ(パートナを含む)23社
 ・マイクロソフト
 ・日本オラクル
 ・SAPジャパン
 ・ライトナウ・テクノロジーズ
 ・オープンソースCRM
 ・WebExコミュニケーションズ
 ・フィードパス
 ・アスタリクス
 ・ネオジャパン
 ・アドベントネット
 ・インフォテリアオンライン
 ・ビジネスオンライン
 ・PCA
 ・オービックビジネスコンサルタント
 ・GCT研究所
 ・ラクラス
 ・ホワイトパジャマジャパン
 ・ウイングアーク テクノロジーズ
 ・日本エフセキュア
 ・JIEC
 ・日立ソフトウェアエンジニアリング
 ・リコー
 ・ソフトバンクBB

 
■■ 概要 ■■
 
資 料 名:サービス化するビジネス・アプリケーションの
      ビジネスモデルとSaaS市場の動向2008
発 刊 日:2008年7月1日
発   行:株式会社マーケティングビジョン研究所
調査・制作:株式会社マーケティングビジョン研究所
販   売:サイボウズ・メディアアンドテクノロジー株式会社
価   格:
    ■ハードコピー版
     157,500円(税抜150,000円+消費税7,500円)別途送料500円
    ■CD-ROM (PDF)版+冊子版(一部)
     210,000円(税抜200,000円+消費税10,000円)別途送料500円
     ※今回はPDF版(CD-R)のみの提供は行いません
 
詳細ページ: (リンク »)
 
【お申し込み方法】
TEL・FAX・e-mailのいずれかにて住所・お名前・e-mail・電話番号・会社名を
明記の上お申し込みください。
また、上記URLよりお申し込みページへリンクしておりますので、そちらのフ
ォームでのお申し込みも可能となっております。
 

■■ サイボウズ・メディアアンドテクノロジー株式会社 ■■

・設 立 :1995年10月
・資 本 金:257,916,250円
・代 表 者:代表取締役 土屋 継
・U R L: (リンク »)
・連 絡 先:〒107-0052
      東京都港区赤坂1-5-11新虎ノ門ビル9F
      TEL:03-3560-1368 / FAX:03-3560-1330
      info@ns-research.jp


■■ この件に関するお問い合わせ ■■

〒107-0052
東京都港区赤坂1-5-11新虎ノ門ビル9F
サイボウズ・メディアアンドテクノロジー株式会社
TEL: 03-3560-1368 / FAX: 03-3560-1330
担当:谷口
info@shop.ns-research.jp

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

サイボウズ・メディアアンドテクノロジー株式会社の関連情報

サイボウズ・メディアアンドテクノロジー株式会社

サイボウズ・メディアアンドテクノロジー株式会社の記事一覧へ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • 【3/31まで早期割引受付中!】「IBM Watson Summit 2017」開催

    日本IBMが主催する最大の国内総合イベント。テクノロジー・リーダーの疑問を紐解く「企業IT、セキュリティー、モバイル、データ解析などの進化を探る」詳細はこちらから!

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!