ワンダーランドクリエーション、結婚披露宴やパーティにおける業界初の演出「てがメロ」サービス開始

ご本人参加型のオリジナル音楽や映像で、自分らしい感謝のキモチが伝わる

ワンダーランドクリエーション合同会社 2008年08月26日

ワンダーランドクリエーション合同会社(東京都世田谷区、代表社員 氏家 秀人、以下ワンダーランドクリエーション)は、結婚披露宴における業界初の演出「てがメロTM」を本格的に開始します。

現在、日本の年間婚姻組数は約70万組(注1)で、披露宴や2次会にかける費用は2002年以降増加傾向にあり、
5年間で83.7万円アップしています(注2)。
また、披露宴や披露パーティでは、「ありきたりではない」「自分らしさを表現できる」感動的な演出が求められています(注3)。

そこでワンダーランドクリエーションは、「てがメロ」(手紙にメロディをつける)をコンセプトにした
業界初のサービスを本格的に開始いたします。新サービスの特徴や演出効果は下記のとおりです。

■サービス概要
【名称】♪てがメロ♪ オリジナルソング制作
【メニュー】選択プラン[セミオーダー形式]、制作プラン[フルオーダー形式]、 BGM制作プラン
【価格】89,880円(税込)~
【特徴】<ご本人参加型>
1)ご本人の書いた手紙を歌詞にして、メロディーをつけ楽曲にする(業界初)
2)披露宴会場で、ご本人が歌う(又は映像で出演する)
3)自分の楽曲CD制作という非日常(本格レコーディング含む)を体験できる

■主な事例(サプライズ演出)
・新郎新婦から、ご両親へ「数十年分のありがとう」を伝える歌
・新郎から新婦へ、愛と奇跡の喜びと感謝を伝える歌
・新郎新婦から、生まれくる赤ちゃんへ愛を伝える歌 他

■効果
・披露宴会場を一瞬にして一体感で包むことができる。
・何年経っても繰り返し視聴し、感動を共有することができる。
・特別な日に「数十年分のありがとう」を伝える特別な演出手段として活用できる。

「てがメロ」サービスは、オリジナルソング企画制作風景を撮影編集した「メイキングビデオ」や事前に録音した自分の歌と思い出の場所を撮影編集した「レタームービー」などの映像制作プランも展開し、当日の熱唱シーンをさらに感動的に演出します。
ワンダーランドクリエーションでは、「てがメロ」のコンセプトをベースに結婚式という特別な日に、新郎新婦だけでなくご家族やご友人も感動し共感頂ける「思いやり」を大切にしたサービスを今後も企画開発し、自分らしい結婚披露宴の実現アイデアと「感謝のキモチ」の新しい伝え方を提案してまいります。

用語解説

注1)厚生労働省「平成18年人口動態統計(確定数)の概況」における「年間婚姻組数」
(注2)「ゼクシィ結婚トレンド調査2007(リクルート発行)」では、「挙式、披露宴・披露パーティ費用総額の平均は、昨年より15.6万円アップの319万円で、増加傾向にある。首都圏は338万円で、02年以降増加傾向にあり、5年間で83.7万円アップしている」という。
(注3)「ゼクシィ結婚トレンド調査2007(リクルート発行)」では、「挙式、披露宴・披露パーティの演出に対して、「こだわったと思う」人は73%。首都圏も73%で01年以降増加傾向にある」。また、「挙式、披露宴・披露パーティの際に心がけたことベスト3は、1位「アットホームなムードになること」(65%)、2位「自分らしさを表現できること」(60%)、3位「列席者を退屈させないこと」(58%)」としている。

※「てがメロ」は、ワンダーランドクリエーション合同会社の商標です。

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

ワンダーランドクリエーション合同会社の関連情報

ワンダーランドクリエーション合同会社

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!