エンタープライズ市場向けQ&Aソリューション『OKBiz』新発売

FAQサポート市場から、より広範なエンタープライズ市場への本格参入を視野に入れた新アプリケーション 強みであるFAQモジュールを皮切りに、順次モジュール展開と他社モジュールとの連携を図る

株式会社オウケイウェイヴ 2008年09月08日

日本初、最大級のQ&Aサイト「OKWave」の運営ならびにFAQソリューション提供のリーディングカンパニーである株式会社オウケイウェイヴ(代表取締役社長:兼元謙任、本社:東京都渋谷区)は、これまで培ってきたFAQ/サポート市場向けソリューションを軸に、より広範なエンタープライズ市場への本格参入を視野に、新たなエンタープライズ市場向けアプリケーション『OKBiz』を開発、2008年9月8日より、第1弾となる『OKBiz FAQモジュール』の提供を開始いたします。

当社は企業向けソリューションとして、主にサポート部門、ナレッジ部門を対象にFAQ作成管理ツール「OKWave Quick-A」、Q&A情報活性化ツール「OKWave ASK-OK」といった製品ならびに関連サービスを提供してきました。
このたび発売開始する『OKBiz』は、これまでの製品群がカバーしてきたサポート/ナレッジ領域のみならず、より広範なエンタープライズ市場を視野に入れた当社の次期戦略商品です。従来、「OKWave Quick-A」、「OKWave ASK-OK」が提供してきた機能を継承すると共に、大幅なパフォーマンスとスケーラビリティの向上を図り、小規模サイトからグローバル企業での大規模運用までをカバーします。

第1弾として発売する『OKBiz FAQモジュール』は、PCサイトやモバイルサイト向けに、簡単にFAQサイト(よくある質問と回答を集約したサイト)を構築・運用管理できるツールです。

今後、お問合せ対応機能ならびに対応履歴の一元管理が可能な「QAモジュール」の年内リリース、Q&Aナレッジコミュニティーの構築が可能な「COMモジュール」の2009年初旬リリースを予定しています。また、他社ツールとのモジュール連携を推進し、Q&Aによるソリューションを軸にした幅広い用途提案を行っていく考えです。

■『OKBiz FAQモジュール』の主な機能 ※一部オプション機能を含む
・FAQ作成支援機能
・FAQ検索機能
・エスカレーション機能(関連各部署への転送)
・テンプレート機能(各種定型文をスタッフ間で共有し、どの端末からでも編集・追加が可能)
・各種統計情報(閲覧数、アンケート結果等の集計が可能)
・デザインコンフィグレーション(各種パーツの組み合わせにより、サイトデザイン変更が可能)
・モバイル(3キャリア対応)からのFAQ閲覧、検索
・ファイル管理機能(添付ファイル、画像ファイルを利用可能)

■提供形態と料金体系
・SaaS版初期導入費120万円(税別)~、月額利用料金25万円(税別)~
・パッケージ版初期導入費+ライセンス費+保守費用 ※個別見積もり

※今後、アプライアンスサーバ版の提供も予定しています。

■株式会社オウケイウェイヴについて
(リンク »)
世界中の人と人を信頼と満足で繋いでいくことを理念に、1999年7月設立。米国で今日注目を集めるQ&Aサイトを2000年1月にいちはやく「OKWave」( (リンク ») )として開設。会員数120万人以上、月間訪問者4,100万人以上、月間PV4.5億を数え、大手ポータルサイトや企業の顧客サポート部門等80社以上に導入しています。更に、その運営ノウハウを応用し、FAQ作成管理ツール「OKWave Quick-A」やQ&A情報活性化ツール「OKWave ASK-OK」等のソリューションを展開。2006年6月に名証セントレックスに株式上場(証券コード:3808)。2007年10月に楽天株式会社、2008年3月には米国マイクロソフトコーポレーションと業務・資本提携を締結。今後は、Q&Aの課金市場の創出、2010年の10言語、100ヶ国への事業展開を目指します。

このプレスリリースの付帯情報

用語解説

FAQ:よくある質問とその回答
SaaS:Software as a Service

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?