世界最小クラスでバッテリーが最大5倍長持ちするBluetooth USBアダプタ Class1「BT-MicroEDR1X」、Class2「BT-MicroEDR2X」を発売

プラネックスコミュニケーションズ株式会社 2008年09月11日

プラネックスコミュニケーションズ株式会社(代表取締役社長:久保田克昭、本社:東京都渋谷区、JASDAQコード 6784)は、世界最小・最軽量クラスで、従来より接続機器のバッテリーが最大5倍長持ちするBluetooth ver2.1対応 USBアダプタ Class1「BT-MicroEDR1X」を9月中旬より、Class2「BT-MicroEDR2X」を10月上旬より全国の主要代理店およびPLANEX Directを通じて発売いたします。

【主な特長】

■ 世界最小・最軽量クラスのBluetooth USBアダプタ
  本体サイズは、世界最小・最軽量クラスの小ささでノートパソコンに接続したまま持ち運びしても邪魔になりません。

■Bluetooth Ver.2.1+EDR(Enhanced Date Rate)対応
転送速度が従来(Bluetooth Ver1.1/1.2)の約3倍近く高速なBluetooth Ver.2.1+EDR対応です。これにより、安定性が高い接続を実現します。

※Bluetooth 1.1/1.2、2.0機器との通信も可能。

■接続機器のバッテリーが最大5倍長持ち
最新規格Bluetooth Ver.2.1に対応したことで、接続機器のバッテリーが最大5倍長持ちいたしますので、長時間の使用でも安心です。

■使いやすいユーティリティ
Windows用ユーティリティソフトウェアには高い信頼性を誇る東芝製「Bluetooth Stack for Windows by Toshiba」を採用しています。

■簡単接続&セキュリティ強化
Bluetooth2.1同士の接続はパスキーの入力が不要になり簡単にペアリングが完了します。またセキュリティが強化され、接続のたびにセキュリティーキーを自動生成し外部からの不正アクセスを防ぐことができます。
※Bluetooth Ver.2.1に対応した機器同士の場合。

■Class1(通信距離100m)対応(BT-MicroEDR1X)
出力Class1対応により最大100mまでの通信が可能です。これによって機器間のレイアウト変更を自由に行うことが可能です。

■Class2(通信距離10m)対応(BT-MicroEDR2X)
出力Class2対応により最大10mまでの通信が可能です。

■抜き差しがしやすいデザイン(ストラップ取付が可能)
滑り止めがついて抜き差しがしやすいデザインです。また、ストラップホールがついていますので持ち運びにも便利です。本体単体で持ち運びするときでも、キーホルダー等に結んで持ち運びすれば、紛失防止となります。

※ストラップは付属しておりません。
※ストラップ取付口が小さいため、ストラップの種類によっては取付けできないものもあります。

■高音質プロファイル A2DP (Advanced Audio Distribution Profile) に対応
ワイヤレスでパソコンなどの音楽を高品質で楽しむことができます。

■Windows Vista、Mac OS X 10.5(Leopard)対応
本製品はWindows Vistaや最新のMac OS X 10.5(Leopard)にも対応していますので、幅広い環境で利用することができます。
※ Mac OSでの対応プロファイルはOSに依存します。

■チャットやSkype、Google Talk、Windows Live メッセンジャーをさらに便利に
Bluetooth対応ヘッドセット「BT-05HS」、「BT-05HST」などと組み合わせて使うことで音声チャットやスカイプ、インターネット電話などをさらに便利に楽しむことができます。

■対応プロファイルが豊富
本製品は以下のプロファイルに対応しています。

●PAN:Personal Area Networking Profile パーソナルエリアネットワーク (PAN接続)
Bluetoothを使ったネットワーク接続の1つで、PANプロファイルを使ったBluetooth同士でのアドホック(Adhoc)接続、またはBluetoothアクセスポイント機器を経由して有線ネットワークに接続ができます。

●AVRCP:Audio/Video Remote Control Profile AVリモートコントロール
再生・停止などのAVリモコン機能です。Bluetoothユーティリティはリモコン操作される側をサポートします。

●DUN:Dial-Up Network ダイヤルアップネットワーク
Bluetooth対応のワイヤレスモデムステーションや携帯電話などから、ダイヤルアップ接続でインターネットアクセスをサポートします。

●SPP:Serial Port Profile シリアルポート
仮想COMポートを作成して、Bluetoothを使ったワイヤレスのシリアルケーブル接続を可能にします。

●LAP:LAN Access Profile ローカルエリアネットワーク (LAN接続)
LANプロファイルを使ったBluetooth機器同士やBluetoothアクセスポイントとのローカルエリア接続を可能にします。

※クライアント機能のみ対応します。

●OPP:Object Push Profile オブジェクトプッシュ
Bluetoothを搭載したPDAや携帯電話から、パーソナル情報マネージメント(PIM)データ(名刺、カレンダー、電子メール、メモ帳)を送受信できます。

※ 本製品にはPIMアプリケーションは添付しておりません。別途ご用意ください。

●HCRP:Hard copy Cable Replacement Profile プリンタ
Bluetooth機能を搭載しているプリンタと接続し、プリンタドライバを用いた印刷ができます。

●HID:Human Interface Device Profile  HID
Bluetooth機能を搭載しているマウスやキーボードなどの入力機器と接続できます。

●FAX:FAX profile ファクス
Bluetooth対応モデムステーションやBluetooth対応携帯電話などとBluetooth接続し、FAX通信ができます。

●BIP:Basic Imaging Profile ベーシックイメージプロファイル
転送先に適したサイズに変換して画像ファイルを送受信することができます。

●A2DP:Advanced Audio Distribution Profile オーディオヘッドフォン
Bluetooth機能を搭載したヘッドセットを、オーディオ出力機器として使用でき、高音質で音楽を楽しめます。

●GAVDP:General Audio/Video Distribution Profile 音声/ビデオ配信プロファイル
ビデオ ストリームと音声ストリームを配信するためのプロファイルです。

●HSP:Head Set Profile ヘッドセット
Bluetoothヘッドセットや携帯電話と接続して、音声入出力デバイスとして使用できます。

●HFP:Hands-free Profile ハンズフリー
パソコンやBluetooth対応携帯電話と接続してハンズフリー機能を使用することができます。

■Bluetooth対応携帯電話との接続もOK
Bluetooth対応携帯電話との互換性の確認も、新たな機種検証システムを導入し最新の携帯電話にも即時対応です。

◇ Bluetooth ver2.1対応 USBアダプタ Class1
製品型番:BT-MicroEDR1X(JANコード 4941250165360)
価格: 1,980円(税込み)

◇ Bluetooth ver2.1対応 USBアダプタ Class2
製品型番:BT-MicroEDR2X(JANコード 4941250165377)
価格: 1,480円(税込み)

※BT-MicroEDR1Xは、BT-MicroEDR1の後継機種、BT-MicroEDR2Xは、BT-MicroEDR2の後継機種となります。

※価格は、発表時のものであり予告なく変更となる場合があります。あらかじめご了承ください。

【製品写真】
(リンク »)

【メディアご担当者様お問い合わせ先】
(リンク »)

【ユーザ直販ページ】
PLANEX Direct
(リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

プラネックスコミュニケーションズ株式会社の関連情報

プラネックスコミュニケーションズ株式会社

プラネックスコミュニケーションズ株式会社の記事一覧へ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!