ベストセラーの携帯ゲーム!「金持ち父さんのCFG」提供開始 / 株式会社ユーマインド

株式会社アップデイト 2008年09月25日

------------------------------------------------

EZweb公式サイト                
『金持ち父さんのCFG』サービス開始のお知らせ         

ベストセラー「金持ち父さん貧乏父さん」に登場のボードゲーム     
『キャッシュフロー101』がEZwebにて配信開始        
~月額315円、2008年9月25日スタート~         

------------------------------------------------

株式会社ユーマインド(本社:東京都渋谷区代官山町、代表取締役:武田憲太郎、以下ユーマインド)は9月25日より、auのEZwebにて、サイト「金持ち父さんのCFG」のサービス提供を開始し、ベストセラー「金持ち父さん貧乏父さん」に登場するボードゲーム「キャッシュフロー101」の携帯ゲーム版を配信致します。利用料は、月額315円(税込み)です。

携帯電話ゲーム版「キャッシュフロー101」は、これまでNTTドコモのiモード、ソフトバンクのYahoo!ケータイ上で配信していたものです。ドコモ版、ソフトバンク版の会員数が順調に伸びており、また同時に多くのauユーザーの方より配信を希望するお声を頂戴していたことから、この度auのEZwebでも配信を開始する運びとなりました。

携帯電話ゲーム版「キャッシュフロー101」は、「お金に対する考え方」や会計と投資の基礎知識をわずかな時間で楽しく、大きなリスクを負うことなく学べます。時間や場所、参加人数を気にせず、簡単な操作でプレーできるのも特徴的。月々315円の小さな投資で、大金持ちになるヒントをつかむことができる教育ゲームです。

これらの「お金に対する考え方」や会計・投資の知識、お金持ちになるためのヒントなどは、ロバート・キヨサキ氏が著書「金持ち父さん貧乏父さん」(筑摩書房)で伝えているものです。同書をはじめとする「金持ち父さんシリーズ」は、日本国内で300万部、全世界の109カ国の国々で2700万部を超える販売を記録している、世界的な超ベストセラーです。

またボードゲーム「キャッシュフロー101日本語版」(発売元:マイクロマガジン社)は「お金について遊びながら学べる」と評判で、ビジネスパーソンを中心に驚異的な人気を博しており、21,000円という価格にも関わらず日本国内累計出荷数約6万1000台を記録しています。

同サイト「金持ち父さんのCFG」にはゲームの他にも、金持ち父さんやキャッシュフローゲームに関する情報を告知、紹介する「最新情報」、同ゲームで学べる教えを書籍を参考にしながら紹介する「金持ち父さんのキーワード」、書籍やボードゲームを紹介する「関連商品情報」などのコンテンツがあります。

ユーマインドでは、「315円の小さな投資で、大金持ちになるヒントがもらえる」おトクな教育ゲームを提供することで、ビジネスパーソンを中心とした幅広い層に貢献していけるよう、同サイトの益々の充実を図ってまいります。


◆「金持ち父さんのCFG」サービス概要
▼サイト名:「金持ち父さんのCFG」
▼アプリ名「キャッシュフロー101」
▼対応キャリア:au
▼URL:< (リンク ») >※下記対応機種でアクセスしてください。


▼メニューナビゲーション:au oneトップ>カテゴリ>ゲーム>パズル・テーブル
▼サービス開始日:<2008年9月25日>
▼利用料金:月額315円(税込)
▼サービス内容:
・「お金に対する考え方」が学べるキャッシュフローゲーム(EZアプリ(BREW(R)))
・「金持ち父さん」最新情報
・ゲーム攻略情報
・関連商品情報
▼対応機種一覧
CDMA 1X WINシリーズ BREW3.1/BREW4.0以降(一部機種を除く)
※BREW4.0端末は10月2日に対応予定
▼コピーライト
(C)2008 CASHFLOW(R)Technologies.Inc.
▼ライセンス契約について
株式会社ユーマインドと株式会社マイクロマガジン社は、「金持ち父さん」ならびに「キャッシュフロー101」のコンテンツホルダーである、米国CASHFLOW Technologies, Inc.と、ベストセラー「金持ち父さん貧乏父さん」(筑摩書房)の著者、ロバート・キヨサキ氏考案のボードゲーム「キャッシュフロー101」の携帯ゲーム化及び配信についての日本国内における独占使用許諾契約ならびに登録商標「金持ち父さん」「キャッシュフロー(CASHFLOW)」についての日本国内における使用許諾契約を締結しています。

◆携帯ゲーム版「キャッシュフロー101」概要
【ゲームの流れ】
サイコロを振ってコマを進めると、実際の人生でも起こりうる株やビジネス、不動産などへの投資や無駄遣いなどお金に関する様々なイベントが発生します。

プレイヤーは、ゲームシート(財務諸表)を使って自分の経済状態の変化を記録していきます。これを繰り返すことで、本当の「資産」「負債」「収入」「支出」の関係がわかるようになります。ゲームを進め、総支出を上回るキャッシュフロー(不労所得)を得られればラットレース(勤労所得に頼る生活)を抜け出し、ファーストトラック(金持ち父さんの生活)に移ることができます。そこで自分の夢を買うか、5万ドルのキャッシュフローを獲得すれば、勝利となります。

◆金持ち父さんのオフィシャルサイト(PC)について
金持ち父さんのオフィシャルサイトには、ゲーム会をはじめとするキャッシュフローゲーム情報やキヨサキ情報が掲載されています。メールマガジンの配信も行っており、オフィシャル・ショップにてグッズの購入も可能です。
(リンク »)


【CASHFLOW Technologies, Inc.】
ロバート・キヨサキ、キヨサキの妻でビジネスパートナーでもあるキム・キヨサキ、「金持ち父さん」シリーズの共著者で公認会計士でもあるシャロン・レクターが三人で設立。「人々のお金に関する幸福度を向上させること」を使命として、「金持ち父さんシリーズ」をはじめとする書籍、教育的ボードゲーム「キャッシュフロー」、オーディオプログラムやビデオプログラム、テレビ・ラジオ番組、コーチングなど、ファイナンシャル教育のためのさまざまな機会を提供している。


【株式会社マイクロマガジン社】
パソコン、ゲーム系の革新的な雑誌や書籍を中心に発行。ファミコンやパソコンゲームを、アミューズメントとしてだけでなく、文化としてとらえ直すことに注力してきた出版社。近年ではビジネスや生活に役立つ書籍、とりわけ健康、環境問題など時代を反映した書籍を発行している。こうした出版業務と並行して、ロバート・キヨサキ考案のキャッシュフローゲームシリーズ、書籍、オーディオブック、DVDなどを発売している。

所在地 東京都中央区新富1-3-7 ヨドコウビル1・2F
代表者 代表取締役 武内静夫
設立  1984年7月4日
(リンク »)


【株式会社ユーマインド】
株式会社ユーマインドは、「あなたの意思を尊重します ~We respect YouMind~」を企業理念に携帯電話コンテンツの企画・制作・配信やWebシステムの開発を手がける総合エンターテインメント・プロバイダです。Webソリューションの開発・運用を通じて培ったネットワーク技術、多くのメディア企業との業務提携実績によって培った企画力・コンテンツ力、これらを融合させた良質なコンテンツ配信を、さまざまなプラットフォームに対して行っています。

所在地 東京都渋谷区代官山町20-5 JPR代官山ビル3F
代表者 代表取締役 武田憲太郎
設立   2004年8月30日
(リンク »)

--------------------------------------------------

◆本件に関するお問い合わせ先

株式会社ユーマインド
担当:孫 良(そん・りょう)
TEL:03-5784-9477
FAX:03-3461-8344
e-mail:rson@youmind.jp


※ CASHFLOW, 「金持ち父さん」は、CASHFLOW(R) Technologies, Inc.の登録商標です。
※ 本サービス名は、当社のサービスであり、KDDI株式会社のサービスではありません。
※ 「au」「EZweb」「EZアプリ」は、KDDI株式会社の登録商標または商標です。
※ BREW(R)およびBREW(R)に関連する商標は、Qualcomm社の商標または登録商標です。
※ 「Yahoo!ケータイ」は、ソフトバンクモバイル株式会社の登録商標です。
※ 「iモード」及び「i-mode」ロゴは株式会社NTTドコモの登録商標です。
※ 記載されている会社名、ロゴマーク、製品名などは、各社の登録商標または商標です。

--------------------------------------------------

【配信元】 MMD研究所  (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社アップデイトの関連情報

株式会社アップデイト

株式会社アップデイトの記事一覧へ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • 【3/31まで早期割引受付中!】「IBM Watson Summit 2017」開催

    日本IBMが主催する最大の国内総合イベント。テクノロジー・リーダーの疑問を紐解く「企業IT、セキュリティー、モバイル、データ解析などの進化を探る」詳細はこちらから!

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!