編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

私用スマホの業務利用、7割が「効果あり」--4割弱が外部の連絡先を記録

田中好伸 (編集部)

2013-03-13 16:00

 MMD研究所は3月13日、職場での私用スマートフォンの利用実態の調査結果を発表した。私用スマートフォンを業務利用している446人を対象に、業務にスマートフォンを利用することで何か効果があったか質問すると、73.5%が何らかの効果があったと回答した。

 効果の内容としては「仕事の効率、スピードが上がった」が43.0%と最も多く、以下「社内のコミュニケーションがとりやすくなった」が33.4%、「情報収集力があがった」が27.6%だった。

 私用スマートフォンを業務で利用する際、メールをどのように利用しているか複数回答で聞くと、「会社のサーバに接続」が37.4%でトップ。「会社メールを個人メールなどに転送」が30.0%、「会社のPCにリモート接続」が15.5%、「その他」が10.8%だった。全体では、59.0%が何らかの形で会社のメールを受信していることがわかった。

 コミュニケーション関連での利用では「社員同士の電話連絡、電話会議に利用」が58.3%、「顧客との電話連絡、電話会議に利用」が47.1%、「社内の連絡先をアドレス帳に登録」が43.7%となっている。

 資料の利用では「ホワイトボードや紙の資料を撮影し、閲覧に利用」が31.4%、「資料を個人メールに送信し、閲覧や修正に利用」が29.4%、「資料をDropboxやEvernote、iCloudなどに保存し、閲覧や修正に利用」が24.4%で上位となった。全体では56.1%が何らかの形で会社の資料を私用スマートフォンに入れている結果となった。

 このほか「仕事のスケジュール管理」(44.8%)、「社内の無線LANに接続して、社内のシステムの利用」(21.5%)、「会社のシステムにリモートアクセスして、会社システムの利用」(19.5%)などでも利用されていることが明らかになった。

 私用スマートフォンに入っている業務に関連する情報を聞いたところ、「社内の連絡先」(40.8%)、「お客様や取引先の連絡先」(36.8%)、「会社のメール情報」(33.6%)が上位となった。また、「会議や打ち合わせ資料」(17.3%)や、「お客様や取引先との取引情報](9.4%)といった回答もあった。

 調査は2月22~26日、全国の25~49歳の男女で、私用スマートフォンを業務で利用している人446人、業務利用していない人112人を対象にネットアンケート形式で実施された。






ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    コスト削減&拡張性も、堅牢なセキュリティ&規制も同時に手に入れる方法、教えます

  2. 経営

    サブスクビジネスのカギはCX! ITIL準拠のツールをこう使え

  3. クラウドコンピューティング

    “偽クラウド”のERP使っていませんか?多くの企業のITリーダーの生の声から学ぶ

  4. クラウドコンピューティング

    RPA本格展開のカギは?「RPA導入実態調査レポート」が示す活用の道筋

  5. セキュリティ

    RPA導入時に見落とされがちな“エンタープライズレベルのセキュリティ”を紐解く

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]