インドの乗用車輸出は大きく成長

株式会社データリソース 2008年10月20日

インドの調査会社RNCOSは出版レポート「インドの自動車セクター調査:車種別市場分析、売上、生産台数 - Indian Automobile Sector - A Booming Market」のプレスリリースにおいて、インドの小型乗用車輸出市場は今後大きく成長するという予測結果を発表した。

インドの調査会社RNCOS社の調査レポート「インドの自動車セクター調査:車種別市場分析、売上、生産台数 - Indian Automobile Sector - A Booming Market」は、インドの乗用車輸出は今後大きく成長するだろうと報告している。特に小型乗用車市場に関しては、他国を大きく上回る成長率を示すだろう。

インドの消費者は、燃費がよくて価格の安い小型乗用車を選択するため、小型乗用車の生産は国内向けが多い。しかし、原油価格の高騰により、ガソリンの価格が上昇したため、世界の消費者が価格変動の影響の少ない小型車を求めるようになってきている。

このことが、インドの乗用車メーカーのビジネスチャンスを拡大している。つまり、インドの自動車メーカーは、小型車の需要を満たすために組立て工場を大型車生産向けから変更しなければならないような先進諸国などの国々に向けて乗用車を輸出しているのである。

調査レポート「インドの自動車セクター調査:車種別市場分析、売上、生産台数」は、投資コストの高い先進市場の価格競争も、インドの国外乗用車販売に拍車をかけていると述べている。インドの低い生産コストも、乗用車の輸出に影響を与える要因である。その他にも、低コストの設計や調査費は多くのメーカーにとってR&Dや小型車の工場をインドに設立する動機となっており、それは先進国に車を輸出するよりも重要である。
原油価格は、今後、1バレル100ドル前後で推移するだろう。また、温室効果ガス排出(GHG:Green House Gases)の問題が大きくなって、排気ガス汚染規制基準が厳しくなるだろう。これらのすべての要因が、インドのコンパクトカーの今後の需要にとって明るい材料となるだろう。


[調査レポート]
インドの自動車セクター調査:車種別市場分析、売上、生産台数
Indian Automobile Sector - A Booming Market
(リンク »)

RNCOS社について
(リンク »)

※このプレスリリースに関するお問合せ
(リンク »)

株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531Fax:03-3582-2861
(リンク »)
Eメール:info@dri.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社データリソースの関連情報

株式会社データリソース

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 【3/31まで早期割引受付中!】「IBM Watson Summit 2017」開催

    日本IBMが主催する最大の国内総合イベント。テクノロジー・リーダーの疑問を紐解く「企業IT、セキュリティー、モバイル、データ解析などの進化を探る」詳細はこちらから!