WEBグループウェア「ダイヤモンドポータル」、ベクターでの販売を開始

ダイヤモンドヘッド株式会社 2008年10月31日

From ValuePress!

システム開発・コンサルティングサービスを展開するダイヤモンドヘッド株式会社(本社:東京都中央区銀座、代表取締役社長:鈴木 学)はGPS連携機能搭載のWEBグループウェア「ダイヤモンドポータル」について、2008年10月31日より「Vector(ベクター)」での販売を開始しました。


■ダイヤモンドポータル製品概要
ダイヤモンドポータルはスケジュール、勤怠管理、WEBメール、ファイル共有機能等のビジネスで必要なアプリケーションを充実させた、アプリケーション29機能が標準搭載されている多機能WEBグループウェアになります。
PCからだけでなく携帯電話(モバイル)からも利用可能で、PCから登録したデータを参照するのはもちろん、スケジュール登録、設備予約、勤怠管理などの比較的使用頻度の高い機能をいつでもどこでも好きな時に簡単な操作で使用できます。


◆ケース1 急な会議のスケジュール調整も即座に対応
急な社内会議を行わなければならない場合、携帯電話(モバイル)から「ダイヤモンドポータル」にアクセスして、会議に参加する必要のあるメンバーのスケジュールを確認。参加メンバーの都合のよい時間帯を見つけて、外出先からでも会議室の予約とスケジュール登録が行え、多忙なビジネスマン同士のスケジュール調整が迅速に行えます。

◆ケース2 外出中の状況をリアルタイムで会社へ報告
多忙な営業社員の正確なスケジュールもGPSスケジュール報告機能を利用すれば直感的な操作で訪問先の時刻や場所を報告。日報もその場で登録できます。

◆ケース3 ボタンを押すだけでスグに出勤・退勤時間が勤務表に反映
GPS勤怠機能を利用すれば、直行・直帰の多い営業社員や本社以外の事業所で働いている派遣社員の勤怠管理を簡単に行えます。携帯電話からの簡単操作で、現在の時間・位置情報がPCの勤務表へと自動連携されます。上司は社員の勤怠状況をリアルタイムに確認することができます。

■ベクターでの販売について
ベクターでは、ダイヤモンドポータルASP版のライセンスを販売致します。必要なユーザ数、期間、オプションの有無に応じて製品を組み合わせてご購入ください。
ダイヤモンドポータルパッケージ版、ライセンス版につきましては、ベクターでは販売しておりません。弊社までお問い合わせください。



□製品名/価格
ダイヤモンドポータル 初期パック[10ユーザ・12ヶ月]/73,500円(税込)
ダイヤモンドポータル 初期パック[10ユーザ・6ヶ月]/52,500円(税込)
ダイヤモンドポータル 追加パック[10ユーザ・12ヶ月]/52,500円(税込)
ダイヤモンドポータル 追加パック[10ユーザ・6ヶ月]/31,500円(税込)
ダイヤモンドポータル GPSオプション[10ユーザ・12ヶ月]/21,000円(税込)
ダイヤモンドポータル GPSオプション[10ユーザ・6ヶ月]/12,600円(税込)

□販売先URL
(リンク »)

□動作環境(対応ブラウザ)
Windows:Internet Explorer6,7, Firefox2,3
Macintosh:Firefox 2,3, Safari2,3



■ダイヤモンドポータル製品HP
(リンク »)

■ダイヤモンドヘッド株式会社 会社概要
会社名:ダイヤモンドヘッド株式会社(Diamond Head Co.,Ltd)
本社所在地:〒104-0061 東京都中央区銀座2-11-8
デュープレックス銀座タワー2/11 12F
代表取締役:鈴木 学
設立:2004年4月21日
資本金:36,500,000円
ホームページ: (リンク »)


【本件に関するお問い合わせ先】
ダイヤモンドヘッド株式会社
Tel: 03-3544-6451
Fax: 03-3544-6452
担当: グループウェア事業部


《関連URL》
(リンク »)
(リンク »)
(リンク »)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

ダイヤモンドヘッド株式会社の関連情報

ダイヤモンドヘッド株式会社

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!