「比較サイト比較調査2008」の販売を開始

今や購買決定に欠かせない比較サイトの利用実態が明らかに20サイト中ユーザーに最も評価の高い比較サイトは?

サイボウズ・メディアアンドテクノロジー株式会社 2008年11月20日

インターネットビジネスの総合シンクタンクであるサイボウズ・メディアアンドテクノロジー株式会社(代表取締役 土屋 継 東京都渋谷区)は、過去1年以内に比較サイトの利用経験がある方を対象としたアンケート調査を基に、主要サイトに対する満足度や利用状況などを様々な角度から分析した「比較サイト比較調査2008」の販売を開始しました。

報道関係者各位

平成20年11月20日
サイボウズ・メディアアンドテクノロジー株式会社
(リンク »)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
サイボウズ・メディアアンドテクノロジー、
        「比較サイト比較調査2008」の販売を開始

~ 今や購買決定に欠かせない比較サイトの利用実態が明らかに
         20サイト中ユーザーに最も評価の高い比較サイトは? ~
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


■■ 商品概要 ■■

◆20の比較サイトを比較、更にユーザーの比較サイトに対する意識を調査

インターネットの普及とともに、消費者の購買行動にも大きな変化が生じ、商品やサービスを購入する前にインターネットで価格、商品情報、利用者の口コミなどを比較検討してから、インターネットもしくは実店舗で商品やサービスを購入することが常態化しています。

それに伴い、様々な特徴をもった比較サイトが開設されており、厳しい経済状況/社会情勢が続くと予想されるなか、今後もその動きはより活発化していくものと推察されます。
サイボウズ・メディアアンドテクノロジー株式会社では、比較サイト利用者に絞り込んだアンケート調査に基づき主要比較サイトに多面的な分析を加えた「比較サイト比較調査2008」をとりまとめました。

具体的には、事前にインターネット上で調査を実施して選定した20の主要比較サイトに関して、認知度や実際の訪問状況、利用状況を比較し、さらに比較サイト利用上の満足点・不満点や比較サイトへの要望/期待することなど、ユーザーの比較サイトに対する全般的な意識にも焦点を当てています。


◆比較サイト毎の使われ方や商品比較・検討経緯も見えてくる

今回の調査では、実際に利用したことのある比較サイトについて、ショッピング目的なのか、情報収集目的なのか、ポイント獲得目的なのかなど、比較サイト別に、訪問時の目的を尋ね、それぞれのサイトに特徴が見えてくる結果となりました。
更に、比較サイトでの商品検索方法や比較サイトを通じて購入した商品・サービスと購入の経緯など、比較サイトの利用実態がわかる付加価値の高いレポートとなっています。


■■ 目次 ■■

第1章 主要サイトの総合評価
 1-1 主要比較サイトの現状比較
   ・総合評価
   ・「総合評価」の定義

第2章 調査結果総括
 2-1 主要比較サイトの評価
   ・認知率
   ・訪問率
   ・利用率
   ・最も役に立ったサイト
   ・信頼度
   ・情報量
   ・ナビゲーション(使い方のわかりやすさ)
   ・情報の探しやすさ
   ・デザイン
   ・総合満足度
   ・再利用意向度
   ・定期利用率
   ・最利用率
   ・最利用サイトの利用理由
   ・利用したことがある比較サイトについての満足点
   ・利用したことがある比較サイトについての不満点
 2-2 利用状況
   ・利用頻度
   ・よく利用するカテゴリー
   ・比較サイト別利用目的
 2-3 使い分け状況
   ・サイト使い分け有無
   ・サイト使い分け方法
   ・サイト使い分け方法の具体例
   ・商品・サービスの比較検討方法
   ・比較サイトでの検索方法
 2-4 商品・サービスの購入状況
   ・商品・サービスの購入有無
   ・商品・サービスの購入経験サイト
   ・最近比較サイトを通じて購入した商品・サービスと購入の経緯
   ・比較サイトを通じて商品・サービスを購入しない理由
 2-5 比較サイト認知経緯と重視項目
   ・認知経緯
   ・重視項目
 2-6 比較サイトへの要望/期待すること
   ・追加して欲しいカテゴリー
   ・今後、比較サイトに期待する意見、アイデア
 2-7 モバイル向け比較サイトの利用状況
   ・モバイル向け比較サイトの利用状況
 2-8 回答者の属性
   ・回答者の属性

第3章 各比較サイトのユーザー評価
 3-1  Amazon.co.jp
 3-2  ECナビ
 3-3  イージーセレクト
 3-4  オールナビ
 3-5  オールフィールド
 3-6  coneco.net
 3-7  価格.com
 3-8  価格比較サイト ものさし君
 3-9  価格比較ランキング
 3-10 くらべて.com
 3-11 ツカエルサイト
 3-12 どけち.com
 3-13 比較.com
 3-14 比較ALL
 3-15 比較情報サイト・シーケン
 3-16 ベストゲート
 3-17 ベストプライス
 3-18 Yahoo! 商品検索
 3-19 livedoor 価格比較
 3-20 楽天市場 価格ナビ
 
第4章 集計結果全データ
 4-1 単純集計結果
 4-2 性・年齢別クロス集計結果
 4-3 未既婚・職業別クロス集計結果

付録 調査票

■■ 調査概要 ■■

調査手法:ネットリサーチアンケート

調査対象者:ボーダーズ保有モニターの中から、過去1年以内の
      比較サイト利用者

実施期間:2008年10月28日~ 2008年10月29日
     (事前調査:2008年10月22日~ 2008年10月23日)

有効回答数: 計851サンプル(うち男性:491/女性:360)

<調査対象サイト>
・Amazon.co.jp
・ECナビ
・イージーセレクト
・オールナビ
・オールフィールド
・coneco.net
・価格.com
・価格比較サイト ものさし君
・価格比較ランキング
・くらべて.com
・ツカエルサイト
・どけち.com
・比較.com
・比較ALL
・比較情報サイト・シーケン
・ベストゲート
・ベストプライス
・Yahoo! 商品検索
・livedoor 価格比較
・楽天市場 価格ナビ

※調査査対象サイトの選定は、過去1年以内に比較サイトを利用したことのある1487名を対象に、「知っている比較サイト」及び「過去1年以内に利用した比較サイト」を事前調査した結果をもとに行いました。

■■ 資料概要 ■■

商 品 名:「比較サイト比較調査2008」
発 刊 日:2008年11月20日
発   行:サイボウズ・メディアアンドテクノロジー株式会社
販   売:サイボウズ・メディアアンドテクノロジー株式会社
頒   価:

    ■印刷タイプ
     99,400円(税抜 94,667円+消費税 4,733円)別途送料 500円
    ■CD-R(報告書)タイプ
     109,800円(税抜 104,572円+消費税 5,229円)別途送料 500円
    ■CD-R(ローデータ)タイプ
     99,400円(税抜 94,667円+消費税 4,733円)別途送料 500円
    ■印刷+CD-R(報告書+ローデータ)タイプ
     189,000円(税抜 180,000円+消費税 9,000円)別途送料 500円


詳細ページ: (リンク »)


【お申し込み方法】
TEL・FAX・e-mailのいずれかにて住所・お名前・e-mail・電話番号・会社名を明記の上お申し込みください。
また、上記URLよりお申し込みページへリンクしておりますので、そちらのフォームでのお申し込みも可能となっております。


■■ サイボウズ・メディアアンドテクノロジー株式会社 ■■

・設 立 :1995年10月
・資 本 金:257,916,250円
・代 表 者:代表取締役 土屋 継
・U R L: (リンク »)
・連 絡 先:〒150-0021
      東京都渋谷区恵比寿西1-3-10 ファイブアネックス8F
      Tel. 03-5457-3660/Fax.03-5457-0511
      info@ns-research.jp


■■ この件に関するお問い合わせ ■■

〒150-0021
東京都渋谷区恵比寿西1-3-10 ファイブアネックス8F
Tel. 03-5457-3660/Fax.03-5457-0511
担当:谷口
info@shop.ns-research.jp

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

サイボウズ・メディアアンドテクノロジー株式会社の関連情報

サイボウズ・メディアアンドテクノロジー株式会社

サイボウズ・メディアアンドテクノロジー株式会社の記事一覧へ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?