かわいいイラスト1000点収録の素材集CD-ROMシリーズ 乗り物・食育特集の「パステルイラスト集Vol.5」を12月5日に発売~全5巻セットなら送料無料に~

株式会社サンロフト 2008年11月26日

From DreamNews

幼稚園・保育園の情報化支援に取り組む株式会社サンロフトは、園だよりや小冊子作りに活用できるイラスト素材集CD-ROM「パステルイラスト集」のシリーズ第5巻を2008年12月5(金)に発売します。
今回発売の第5巻は、「カタカナ・乗り物・食育特集号」。価格は5,250円(税込)。シリーズ全5巻セットで購入される方には送料が無料となります。
 幼稚園・保育園の情報化支援に取り組む株式会社サンロフト(静岡県焼津市、代表取締役社長:松田敏孝)は、園だよりや小冊子作りに活用できるイラスト素材集CD-ROM「パステルイラスト集」のシリーズ第5巻を2008年12月5(金)に発売します。
 パステルイラスト集シリーズは、イラスト素材1,000点を収録した素材集CD-ROMで、タイトル枠や飾り枠、イラスト文字なども多数盛り込み、モノクロ印刷用のイラストも収録しています。
 今回発売の第5巻は、「カタカナ・乗り物・食育特集号」として、楽しく覚えるカタカナとイラストの組み合わせや、食材・食育に関するイラスト、乗り物のイラストなどを収録しているのが特徴です。パステルイラスト集の詳細は別紙のチラシをご覧ください。
 価格は5,250円(税込)。シリーズ全5巻セットで購入される方には送料が無料となります。購入のお申し込みは、お電話またはWebサイトにて受け付けています。
 「テクノロジーを親しみやすく。」をめざすサンロフトでは、幼稚園・保育園の情報化支援事業を「パステルライン」のブランドのもとに展開しています。パステルラインのホームページでは、ペーパークラフトやぬりえ、めいろ、プリントなど子どもと楽しめる素材を無料でダウンロードできるサービスも行っています。今後も保育者が気軽にITを活用できるような製品やサービスを提供していきます。
【プレスリリースに関するお問い合わせ先】株式会社サンロフト TEL:054-626-3366担当:広報・マーケティング室
【Pass*Tell Line(パステルライン)】 (リンク ») が運営する幼稚園・保育園専用のITサポートセンター。月額3,000円(税込)で、電話によるパソコンのトラブルや活用の相談に応じている他、園児管理ソフトやホームページ更新サービスなどの提供もしています。2008年6月20日に創刊した保育者向けフリーペーパー「パステルIT新聞」( (リンク ») )の発行部数は40,000部を超えました。
【株式会社サンロフト】 (リンク ») :〒425-0092 静岡県焼津市越後島385TEL:054-626-3366 FAX:054-626-3371資本金:8,000万円代表者:松田 敏孝事業内容:Web制作・運営支援、基幹業務システム開発、幼稚園・保育園IT支援
【商品概要】商品名:パステルイラスト集Vol.5「カタカナ・乗り物・食育特集号」発売日:2008年12月5日価格: 5,250円(税込)収録内容: 楽しく覚えるカタカナとイラストの組み合わせ 乗り物イラスト満載 献立表やイベントに活躍する食材と食育イラスト 人気の童謡にちなんだイラスト 4月~3月の行事&園児イラスト おたよりに使える飾り枠、タイトル枠、飾り罫  文字や背景、メダルのイラスト購入方法:お電話またはWebサイトよりお申し込みください。店頭での販売は行いません。
【販売元・お問い合わせ先】株式会社サンロフト パステルライン事務局 ( (リンク ») )静岡県焼津市越後島385 TEL:054-626-8888
以 上

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社サンロフトの関連情報

株式会社サンロフト

株式会社サンロフトの記事一覧へ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!