編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

新バージョン『トラストデリート 2.0(TRUST DELETE 2.0)』の発売を開始

自社サーバーで、よりセキュアな環境で遠隔消去が利用可能に。

ワンビ株式会社

2009-01-27 13:00

ワンビ株式会社(本社:東京都渋谷区 加藤 貴)は、盗難・紛失したパソコンのデー タを遠隔から消去する「トラストデリート」シリーズの最新版「トラストデリート 2.0(TRUST DELETE 2.0)」を2009年2月20日(金)より 、発売することを発表いたし ます。 「トラストデリート 2.0(TRUST DELETE 2.0)」は、2005年8月の発売から、好評い ただいております「トラストデリート パッケージ版」「トラストデリート ASP」に 加え、自社内に消去命令を発行できる機能を搭載いたしました。 また現在「トラストデリート」をご利用いただいているお客様より、多くのご要望を いただいておりました、自社サーバーでの構築が可能となりました。本製品により、 さらに安全な環境において遠隔消去することができます。また持ち出しパソコンだけ でなく、廃棄パソコンのデータを消去する用途にも利用することができます。 本製品は出荷から1年間で、300社の導入を目指します。
■トラストデリートの開発背景
昨今、増加しているパソコンの紛失や盗難。それに伴う個人情報の流出が重要な問題
となっています。現在、多くの企業で利用している予防策を施すのみでは、充分なセ
キュリティとは言えないのが現状です。「トラストデリート 2.0(TRUST DELETE
2.0)」は事後に対応できる製品となっていますので、重要な個人情報やデータを確
実に守ることが可能になります。

■トラストデリート 2.0(TRUST DELETE 2.0)の新機能
<サーバー管理機能>
 ・権限に応じた複数の管理者の登録
  複数の権利者による管理も可能になります。
 ・サーバーのデータベースを定期的に自動バックアップ
  サーバーに保存されているデータを自動的にバックアップします。また、2台の
サーバーによる冗長化にも対応します。
 ・複数の設定テンプレートを利用可能
  部署や権限に合わせた設定で運用が可能になります。

<クライアント機能>
 ・サイレントインストールに対応し、クライアントの自動登録
  数万台規模へのインストールも管理者の負担を最小限で導入できます。
また、CSVによるクライアント一括登録にも対応しております。
 ・一定期間認証ができていない場合に自動的に消去
  社内ネットワークに接続されていなくても、パソコンのデータを自動的に消去で
きます。


《製品名》  :トラストデリート 2.0(TRUST DELETE 2.0)
《発売日》 : 2009年2月20日(金)、 出荷日 2009年3月16日(月)
《動作環境》
サーバー:Linux ( Kernel 2.6 Redhat Linux , TurboLinux)
Windows 2003/2008 順次対応予定
クライアント :Windows Vista / XP

《販売価格》
サーバーライセンス(25クライアントライセンス含む)
:初期費用210万円(税込) 
年間保守料 42万円(税込)
クライアントライセンス
:1クライアント 6,300円/年間使用料(税込)
        ※ライセンス数に応じて、ボリュームディスカウントがご
ざいます。

このプレスリリースの付帯情報

トラストデリート2.0概念図

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

ワンビ株式会社の関連情報

  • ワンビ、Windows 8.1搭載端末の不正利用防止ソフト--大音量で警告

    ワンビは、「Windows 8.1」が搭載されたタブレットやPCの不正持ち出しや不正利用を防止するソフトウェア「OneBe UNO」を提供している。ネットワーク状況や位置情報などを監視し、利用ポリシーに違反した状況を検知すると、大音量アラームなどのアクションを実行する。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?

  2. クラウドコンピューティング

    【IDC調査】2026年には75%のアプリがAIを実装!導入で遅れた企業はどう“逆転”すべきか?

  3. 運用管理

    経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?

  4. 運用管理

    AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法

  5. windows-server

    【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]