編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

ワンビ、Windows 8.1搭載端末の不正利用防止ソフト--大音量で警告

NO BUDGET

2014-10-01 16:57

 ワンビは、「Windows 8.1」が搭載されたタブレットやPCの不正持ち出しや不正利用を防止するソフトウェア「OneBe UNO」を提供している。オープン価格となっている。

 OneBe UNOは、店舗やショールーム、病院、倉庫など、特定範囲で使われるタブレットやPCにインストールして使うスタンドアローン型のソフト。近年ではタブレットやPCを据え置きや無人環境で利用する場面も多く、盗難や紛失への懸念が導入の阻害要因にもなっていることから、持ち出し禁止の実効策として開発された。

 タブレットのネットワーク状況や位置情報、電源の接続を監視し、利用ポリシーに違反した状況を検知すると、大音量アラームや入力デバイスのロック、強制シャットダウンの各アクションを実行する。Windows Embedded 8.1(32ビット/64ビット)にも対応している。監視対象とアクションは以下の通り。

    監視対象
  • 無線LAN:登録しているSSIDを検知できなかった場合
  • Bluetooth:登録しているBluetoothデバイスとの接続が切れた場合
  • 電源アダプタ:電源アダプタや充電クレードルとの接続が切れた場合
  • ネットワーク:ネットワークの接続が切れた場合、接続したネットワークが登録したネットワークではなかった場合、登録したサーバと一定期間疎通確認が行えなかった場合
  • 位置情報:事前に指定した位置から一定以上離れた場所で利用した場合
  • ログインパスワード:Windowsログインパスワードを規定回数以上連続で間違えた場合
    アクション
  • ロック:キーボード、マウス、タッチパネルの操作を不能にする入力デバイスロックとWindowsのロックを選択
  • アラーム(警告音):強制的にボリュームを最大にして警告音を出す
  • 強制シャットダウン:強制的にシャットダウンして操作できないようにする

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]