NVIDIA GeForce9500 GT搭載!UD2対応!HDMI出力対応 GDDR2-512MBメモリ搭載OCエントリモデル GV-N95TOC-512I 発売

株式会社リンクスインターナショナル 2009年02月17日

GIGABYTE正規代理店 株式会社リンクスインターナショナル
(本社:東京都千代田区、代表取締役:川島 義之)は、
NVIDIA GeForce9500GT搭載!UD2、HDMI対応、GDDR2-
512MBメモリ搭載OCエントリモデルGV-N95TOC-512Iを
2009年2月21日より、全国のPCパーツ専門店にて発売開始
いたします。

GV-N95TOC-512Iは、NVIDIA GeForce 9500 GT、
GDDR2-512MBメモリ搭載、DirectX 10に対応したOCエントリ
モデルのグラフィックカードです。 コアクロックが550MHz→
650MHzにオーバクロックされています。9500 GTシリーズは、
32基のストリーミングプロセッサを搭載しています。

ギガバイト品質規格Ultra Durable2に対応しています。
低発熱な低RDS(on)MOSFET、高効率なフェライトコア(コイル)、
耐久性に優れた日本メーカ製の耐久性固体コンデンサの採用
により、発熱を抑え、エネルギー損失を低減し、コンデンサの
寿命を向上いたしました。

接続バスはPCI Express1.1に加え、2倍の帯域幅を実現する
新世代バス規格のPCI Express2.0をサポートいたします。
PCI Express1.1と互換性を持ち、 16レーンでは16GB/sec
という高速なデータ転送が可能です。

PCI Expressの広帯域幅をフル活用し高いパフォーマンスと
描画速度を発揮するNVIDIA SLIテクノロジ、高解像度(最大
2560×1600ピクセル)出力が可能なデュアルリンクDVI、
マルチディスプレイ技術のデュアルディスプレイ、DVIをベース
にAV向けに発展させたHDMI出力に対応しています。

主な出力インターフェースは、DVI-I出力×1、D-Sub出力×1、
HDMI出力×1です。デュアルリンクDVI、マルチビュー技術、
HDCPに対応しています。

搭載メモリはGDDR2-512MB、コアクロック650MHz、メモリ
クロック1600MHz、メモリバス128bit、 スロット形式は
PCI Express2.0×16になります。同梱の付属品は、DVI→
D-Sub変換アダプタ ×1、SPDIF内部接続ケーブル×1、
ドライバCDが付属します[※1]。 PCBフォームはATX、PCB
サイズは167×111mmです。 有害物質の使用を制限した
RoHS指令にも適合している環境に優しい製品です。

[※1] 付属品は予告なく変更される可能性があります。


■ GV-N95TOC-512I 製品特徴

・グラフィックチップ GeForce 9500 GT搭載
・ギガバイト独自品質Ultra Durable2対応
・長寿命-耐久性固体コンデンサ採用
・高効率-フェライトコア(コイル)採用
・低発熱-低RDS(on)MOSFET採用
・HDMI出力対応
・帯域幅が従来の2倍 PCI Express2.0対応
・NVIDIA SLIテクノロジ対応
・Windows Vista対応
・著作権保護機能HDCPに対応
・デュアルリンクDVIに対応
・マルチディスプレイ技術対応
・RoHS指令に適合!環境に優しい製品です


▼より詳しい情報はこちらから確認ください
(リンク »)

このプレスリリースの付帯情報

GV-N95TOC-512I

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社リンクスインターナショナルの関連情報

株式会社リンクスインターナショナル

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]