編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

アライドアーキテクツ、『エディタ・コミュニティ』をリニューアル!

“ブロガー同士がもっとつながる仮想交流空間”を テーマにしたリニューアルを実施

アライドアーキテクツ株式会社

2009-02-26 16:00

アライドアーキテクツ株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:中村壮秀、以下アライドアーキテクツ)は同社が展開するブロガー同士が交流できるコミュニティ『エディタ・コミュニティ』http://community.edita.jp/を2009年2月12日(木)にリニューアルいたしました。 今回のリニューアルでは、“ブロガー同士がもっとつながる仮想交流空間”のコンセプトの下、サイト全体のコミュニケーション機能の強化とデザインリニューアルを行いました。
今回リリースされた新規能である、“エディタ友達”機能や“マイボイス機能”を利用すると、自分のマイページ上で、お気に入りブロガーのブロク更新情報やショートコメント等の行動履歴が時系列にリアルタイムで表示されます。これにより、ブロガー同士がお互いの情報をよりタイムリーに、より広く得ることが可能となるので、『エディタ・コミュニティ』上でのブロガー同士のコミュニケーションの活性化が図られ、情報およびコンテンツ量が増加することより、アクティブなブロガー交流空間が実現します。

ブロガーページのイメージ(画像リンク)
(リンク »)

マイページのイメージ(画像リンク)
(リンク »)

主な新機能は下記の通りです

①今の自分の気持ちを気軽に書き込める“マイボイス”機能

ふと思ったことを気軽に書き込んで、共感してくれるブロガーとつながれます。
マイボイスは『エディタ・コミュニティ』サイト内だけではなく専用ブログパーツやブックマークレット※からも簡単に投稿でき、更にニュース等の引用も可能です。

※ブックマークレットとは
Webブラウザのブックマーク(お気に入り)に登録することのできるプログラム。

②気に入ったブロガー同士がつながれる“エディタ友達”機能

“エディタ友達”になると“エディタ友達”にしか公開しない情報が見れるようになり、また、マイページ上で“エディタ友達”になったブロガーの更新情報をタイムリーに確認できるようになります。
  

③ブログの記事や外部サイトの更新情報を簡単にチェックできる“マイブックマーク”機能

エディタ・コミュニティ内で読みたいブログのページを1クリックで登録でき、RSSを実装している外部サイトも登録できます。
従来のRSSリーダーよりもライトな感覚でブログやサイトの更新情報をチェックできます。


今後もアライドアーキテクツは『エディタ・コミュニティ』の運営を通して、ブロガーのブログライフの更なる向上に努めてまいります。
  
■『エディタ・コミュニティ』 (リンク ») とは:
アライドアーキテクツが企画・運営するアクティブブロガー向けコミュニティ。
登録ブロガーは自分のブログや情報を発信できるマイページを持つことができ、その中で自分の趣味嗜好があうブロガーとつながれることができます。
現在7万人以上のブロガーが会員として利用しています。

本社所在地:東京都渋谷区広尾1-5-13
設立:2005年8月
資本金:125,241,000円
社員数:28名
代表者:中村 壮秀 (ナカムラ マサヒデ)
株主:当社役員/住友商事株式会社/株式会社ジャフコ/日本アジア投資株式会社/株式会社ドリームインキュベータ/デジタルハリウッド株式会社
事業内容:インターネットビジネスの企画・開発・運営
インターネットを活用したマーケティングの企画・開発
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?

  2. クラウドコンピューティング

    【IDC調査】2026年には75%のアプリがAIを実装!導入で遅れた企業はどう“逆転”すべきか?

  3. 運用管理

    経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?

  4. 運用管理

    AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法

  5. windows-server

    【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]