編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

光ファイバー減衰器の世界市場予測 2008-2013年

株式会社データリソース

2009-03-10 10:00

米国の調査会社エレクトロニキャスト社は、2013年、可変光減衰器は光ファイバーコンポーネントタイプ減衰器の消費の77%を占めるだろうと報告する。
カリフォルニア州アッパーレイク、2009年2月24日
光ファイバー通信市場と技術に関する予測やコンサルティングを行う米国の専門調査会社エレクトロニキャスト社は、コンポーネント/モジュールタイプの光ファイバー減衰器の世界市場の消費と技術傾向を予測・分析した調査レポート「光ファイバー減衰器の世界市場予測 2008-2013年」を出版した。

光通信コンポーネントの減衰器には主に、可変と固定の2種類がある。主に電子制御による可変光減衰器(VOA)は、2008年の世界の光ファイバーコンポーネントタイプの減衰器の消費(利用)の68%を占めている。しかし、2013年には、77%となるだろう。(図を参照)
(後略)

◆調査レポート
光ファイバー減衰器の世界市場予測 2008-2013年
(リンク »)

◆米国エレクトロニキャスト社について
(リンク »)

◆このプレスリリースに関するお問合せ
株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
(リンク »)
Eメール:info@dri.co.jp
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]