(株)理経、仏テメックス社製 水晶デバイスを販売開始 テメックス社と販売代理店契約を締結

株式会社理経 2009年07月23日

株式会社理経(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:青柳勝栄)はフランステメックス社(本社ムジャン市、社長:ギー・ペロー)と新規販売代理店契約を締結し、同社製水晶デバイス製品を販売することを発表致します。

テメックス社は防衛及び宇宙産業向け超低位相ノイズ・高信頼性の水晶デバイスソリューションを提供する欧州のリーディング・カンパニーです。テメックス社が提供する、水晶発振器(TCXO、OCXOシリーズ)、SAW(表面弾性波)発振器、水晶フィルタ、パルス圧縮サブアセンブリなどの全ての製品は国際武器取引規制(ITAR)適用対象外での販売になります。

テメックス社のギー・ペロー氏は、「理経は最先端の技術力とこれまでの重要なお客様との協力関係を有しており、テメックス社の理想的なパートナーです。テメックス社が最近リリースした新しい温度制御型SAW発振器(周波数:500MHz)は、オフセット周波数10KHzでの位相ノイズレベルが-167dBc/Hz、ノイズフロアは-182dBc/Hzで位相ノイズの低い製品です。理経は、テメックス社の最先端技術による製品を提供することにより、日本顧客の厳しい要求と顧客の更なる成長に対し支援が可能となります」と話しています。

理経は、現在、大手メーカー向けに防衛に使われる各種高周波(RF)ソリューションの販売を進めてきましたが、今後は小型で低消費電力、低位相ノイズである高い性能を搭載した水晶デバイスも本格的に販売していく方針です。


【テメックス社について】
軍事および宇宙航空市場の高性能・高信頼性水晶デバイス及びサブシステムにおいての世界のリーディングカンパニーです。同社の製品は過酷な環境条件に耐えるのに必要な特有の要件を満たすと同時にITAR規制対象外です。最先端で高性能な水晶デバイスの設計製造に30年以上の経験を誇り、欧州衛星ナビゲーションシステム「ガリレオ」、グローバルスター衛星、欧州補給機(ATV)、宇宙ステーション補給機(HTV)などの航空宇宙計画のほか、ラファール軍用機、グリペン戦闘機、ユーロファイタータイフーン戦闘機などの防衛計画でも使用されています。
詳細については、テメックス社ウェブサイトwww.temex.comをご覧ください。


【お問い合わせ先】
株式会社 理経
URL: (リンク »)


本件について:部品機器営業部 佐々木
03-3345-2185(ダイヤルイン)
E-mail:microwave@rikei.co.jp


営業全般について:企画開発部 内山
03-3345-2180(ダイヤルイン)
E-mail:uchiyama@rikei.co.jp



以 上

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社理経の関連情報

株式会社理経

株式会社理経の記事一覧へ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]