基本的なブロードバンド需要とVoIPによってインド、ロシア、ブラジルで成長するWiMAX

株式会社データリソース 2009年08月06日

米国の調査会社インフォネティクスリサーチ社は出版レポート「主要市場のWiMAX機器と加入者 - WiMAX Equipment and Subscribers in Key Markets: Annual Regional Market Share, Size, and Forecasts」のプレスリリースにおいて、今後WiMAXはインド、ロシアブラジルで成長するという見通しを発表しました。

【プレスリリース抄訳】
米国調査会社インフォネティクスリサーチ社の年刊調査レポート「主要市場のWiMAX機器と加入者 - WiMAX Equipment and Subscribers in Key Markets: Annual Regional Market Share, Size, and Forecasts」は、モバイル(802.16e)と固定線(802.16d)のWiMAX市場で、大きな可能性がある国と地域を調査している。この市場可能性には、人口の多さと、ブロードバンド需要が多いのに既存の技術と適合していないという場合がある。これらの国/地域には、米国、中欧・東欧、ロシア、中東、アフリカ、中国、インド、日本、韓国、ブラジルがある。

アナリストの注目点
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
インドはその人口の大きさにおいて、米国はClearwireのプロフィールによって、WiMAXの2つの最も際立った市場であり、それぞれがWiMAXの成功に必要不可欠である。インドや米国の採用状況やネットワーク性能は、WiMAXが世界でどのように受容されているかや、802.16eが今後10年間で無線市場全体にどのような影響を与えるかを示すだろうと、インフォネティクスリサーチ社のWiMAX部門の主任アナリストRichard Webb氏は語る。

市場調査レポートのハイライト
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
インドは、1ヶ国としては世界最大のWiMAXのビジネスチャンスがある。 BSNL、Tata、Bharti Airtelなどの多くのオペレータが、積極的にWiMAXを推進しており、多くの通信会社が採用をすすめている
2008年のインドのWiMAX機器市場は、Telsima(現在のHarris-Stratex)がリードし、Alcatel-Lucent、WiMAX specialist Apertoと続いていた

【調査レポート】
主要市場のWiMAX機器と加入者
WiMAX Equipment and Subscribers in Key Markets
Annual Regional Market Share, Size, and Forecasts
(リンク »)

インフォネティクスリサーチ社 (Infonetics Research)について
(リンク »)

※このプレスリリースに関するお問合せ
(リンク »)

株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531Fax:03-3582-2861
(リンク »)
Eメール:info@dri.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社データリソースの関連情報

株式会社データリソース

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。