Google コンテンツターゲット広告パッケージサービス「Contents-Target Optimization(CTO)」の提供開始

株式会社アイ・エム・ジェイ 2010年02月16日

From DreamNews

株式会社アイ・エム・ジェイ(本社:東京都目黒区 代表取締役社長 廣田武仁 以下、IMJ)は、Google AdWords のネットワークメニュー「コンテンツターゲット」を最適化する広告パッケージ「Contents-Target Optimization(CTO)」の提供を開始いたします。
Google コンテンツターゲット広告パッケージサービス開始
「Contents-Target Optimization(CTO)」


株式会社アイ・エム・ジェイ(本社:東京都目黒区 代表取締役社長 廣田武仁 以下、IMJ)は、Google AdWords のネットワークメニュー「コンテンツターゲット」を最適化する広告パッケージ「Contents-Target Optimization(CTO)」の提供を開始いたします。


現在、日本国内における「コンテンツ連動型広告」市場の拡大に伴い、その効果測定法のひとつとして「間接効果(ポスト・インプレッション ※1)」にも関心が高まりつつあります。「コンテンツターゲット」でも間接効果の計測が一部可能になったことで、より正確な効果測定をもとに、効率的な広告出稿ができるようになりました。

IMJ では、「コンテンツターゲット」におけるキャンペーン設計・プランニングから、集客、バナー広告・ランディングページ制作、効果測定、さらに間接効果にも焦点をあてたレポートおよび施策をトータルパッケージサービス「Contents-Target Optimization(CTO)」としてご提供いたします。


(※1) 間接効果(ポスト・インプレッション)とは、Web サイト上でバナー広告などを見たときには、クリックしなかった閲覧者が、時間が経過してから残っていたバナー広告の印象を基に、その広告が訴求していた商品などのWeb サイトを訪問すること。

■ 「Contents-Target Optimization (CTO)」とは
IMJ が培ってきた豊富な実績とノウハウを活用し、間接効果を含むさまざまな視点での効果測定と施策が可能となりました。また、強力な広告効果を得るために、ユーザーの印象に残りやすいクリエイティブのバナー広告、およびその誘導先となる最適なランディングページの制作も必要となります。これらをトータルパッケージにてご提供することで、最適なPDCA サイクルを生み出し、コンバージョン数全体の底上げを実現します。

<パッケージ内容>
・ コンサルティング
・ キャンペーン設計
・ 出稿プランニング
・ バナー広告制作
・ ランディングページ制作
・ 間接効果を含んだレポート作成


■ 今後の展開
米国では、アドネットワークが既にウェブ広告市場の約7 割のシェアを持つといわれ、日本でも大手メディアを中心にますますネットワーク化が進むことが予想されます。そういった環境の変化に対応すべく、今回のGoogle AdWords をはじめ、今後も広告効果を最大化するためのサービスをご提供してまいります。




<サービスに関するお問合せ先>
株式会社アイ・エム・ジェイ
IMO 事業本部 ビジネス開発室
TEL:03-6415-4195 E-mail:busiiness_development-proj@imjp.co.jp

<本件に関するプレスからのお問合せ先>
株式会社アイ・エム・ジェイ
管理本部 経営推進室 広報グループ
TEL:03-6415-4257 E-mail:irpr@imjp.co.jp

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社アイ・エム・ジェイの関連情報

株式会社アイ・エム・ジェイ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。