ウイングアークの「SVF/帳票SaaS」が、ISIDのアジア初の月額利用料型SAPクラウドサービス「BusinessACXEL for SAP(R) ERP」に採用

~「BusinessACXEL for SAP ERP」の帳票運用を「SVF/帳票SaaS」が補完し、業務に柔軟かつ多彩な帳票運用を強化~

ウイングアーク1st株式会社 2010年03月08日

 Form&Dataのウイングアーク テクノロジーズ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:内野弘幸、以下 ウイングアーク テクノロジーズ)は、株式会社電通国際情報サービス(本社:東京都港区、代表取締役社長:水野 紘一、以下 ISID)が提供を予定している、SAP Business All-in-Oneソリューションを採用した基幹業務向けクラウドコンピューティングサービス「ビジネス・アクセル for SAP ERP (BusinessACXEL for SAP ERP)」(以下 ビジネス・アクセル)の帳票運用機能として、ウイングアーク テクノロジーズの帳票サービス「Super Visual Formade(以下、SVF)/帳票SaaS」が採用されたことを、お知らせいたします。


 ビジネス・アクセルは、SAP ERPによる財務会計・販売管理・購買管理・在庫管理などの基幹業務ソリューション、またそれらのビジネスデータの情報分析ソリューションなどを、ネットワーク経由で月額利用料形式にて利用することができるサービスです。導入期間の短縮と初期費用の軽減に加え、システム運用負荷を大幅に低減し、業務効率の向上や迅速な経営判断を実現することができます。


 ウイングアーク テクノロジーズは、ビジネス・アクセルに「SVF/帳票SaaS」を提供することで、業務に欠かすことのできない帳票出力において、固有の帳票ニーズにきめ細かく対応できる帳票運用機能を補完いたします。
 請求書や納品書、見積書、発注書、会計帳簿などの‘帳票’は、業務の効率化を支え、ビジネスシーンにおいて必要不可欠な業務のインターフェイスとして機能しています。きめ細やかな帳票出力を担う「SVF/帳票SaaS」の機能を搭載するビジネス・アクセルを利用するお客様は、業務に適した柔軟な帳票運用機能を利用することができます。また、帳票作成に必要な開発工数の大幅に削減にも貢献することができ、スムーズな帳票システムの構築と帳票運用の最適化をはかることができます。


<本プレスリリースにあたり、以下のご賛同コメントを頂いています。>
アジア初のSAPクラウドサービスであるビジネス・アクセルと、SVFとの連携を大変うれしく思います。帳票実績NO.1(*)のウイングアーク テクノロジーズのソリューションにより、帳票開発コストの低減はもとより、ビジネスの変化にあった柔軟な帳票出力が可能となり、お客様の満足度の更なる向上が期待できるものと考えております。


株式会社電通国際情報サービス
常務執行役員 エンタープライズソリューション事業部長
小谷 繁弘


※出所:株式会社ミック経済研究所調べ 「UNIX・Windows対応ミドルウェアパッケージソフトの市場展望【運用・DB編】2009年度版」 帳票運用パッケージ出荷金額(メーカー出荷)(2009年12月発刊)


◆ビジネス・アクセル for SAP ERP (BusinessACXEL for SAP ERP)について
ビジネス・アクセルは、ISIDデータセンター内のサーバ環境に導入されたSAP ERPを、ネットワーク経由で月額利用料形式にてご利用頂くサービスです。この月額費用には、SAPソフトウエアのライセンス費用・保守費用、サーバ等のシステムインフラ利用・運用費用、サポート費用などが含まれており、お客様側でのシステム運用負荷を大幅に低減する事が可能です。また、システム導入に際しては、ISIDソリューションを組み合わせたテンプレートをご用意しており、短期間での導入を実現いたします。
ビジネス・アクセル for SAP ERP 製品サイト: (リンク »)


◆SVF/帳票SaaSについて
「SVF」は、業務システムの再構築で課題となる帳票分野のシステム開発を短期構築します。とくに、固有の帳票デザインで運用される請求書や伝票、発注書、 見積書や給与明細、出荷指図書や検品ラベルなど、業務に必要なあらゆる帳票 を劇的な工数で設計開発することができます。また、業務の用途にあった運用にあわせた幅広い帳票運用環境を提供いたします。
SVF製品サイト: (リンク »)


[ISIDについて]
株式会社電通国際情報サービス(ISID)は、1975年の設立当初から顧客企業のビジネスパートナーとして、コンサルティングからシステムの企画・設計・開発・運用・メンテナンスまで一貫したトータルソリューションを提供してきました。IT Solution Innovatorをビジョンとし、金融機関向けソリューション、製品開発ソリューションをはじめ、グループ経営/連結会計、HRM(人事・給与・就業)、ERP、マーケティングなど、幅広い分野で積極的な事業展開を図っております。 (リンク »)


[ウイングアーク テクノロジーズについて]
「Form&Data」のウイングアーク テクノロジーズは、大手SI企業や企業の情報システム部門が取り組むシステム開発と現場業務の効率化をはかるため、「帳票、レポート、ドキュメント」の分野に特化したツール・ミドルウエア製品、サービス、サポート、導入支援、トレーニング等のサービスを提供します。とくに、情報システムに共通する「データ」のINとOUTに対して、業務に見やすい「フォーム」を使ったユーザーインターフェイスによって、ソフトウエアの組み合わせによる短期システム構築と、わかりやすい業務の運用を実現しています。
・「SVF」【帳票出力】基幹系帳票システムの統合・共通化、帳票運用の効率的な一元化
・「Dr.Sum EA」【データ活用】業務に蓄積されるデータの高速な集計分析と可視化
・「StraForm」【帳票入力】業務にあるドキュメントのデータ化とWebシステム化


[会社概要]
社名:ウイングアーク テクノロジーズ株式会社
代表取締役社長:内野 弘幸
設立:2009年11月
(※2009年11月2日、ウイングアーク テクノロジーズ株式会社は、持株会社体制に移行しました。)
資本金:1億円
売上高:81億円(2009年2月期)
従業員数:182名(2009年11月2日現在)
事業内容:帳票・レポート・ドキュメントの分野におけるソフトウエア製品の開発、販売、導入支援、保守サービスの提供。
URL: (リンク »)


<ビジネス・アクセルに関するお問合せ先>
株式会社電通国際情報サービス
エンタープライズソリューション事業部 ES事業企画管理部
TEL:03-6713-7105 e-mail:erp-info@isid.co.jp
(リンク »)


<SVF・帳票SaaSに関するお問合せ先>
ウイングアーク テクノロジーズ株式会社
〒108-0075 東京都港区港南1-8-15 Wビル14F
TEL:03-6710-1700  FAX:03-6710-1701  
E-mail:tsales@wingarc.co.jp
Web: (リンク »)


※本リリースに掲載する社名または製品名は、各社の商標または登録商標です。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

ウイングアーク1st株式会社の関連情報

ウイングアーク1st株式会社

ウイングアーク1st株式会社の記事一覧へ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]