Cobalt互換「TLAS3」とウイルス・スパム対策ソフトウェアの共同展開でギデオンがTurboPartnersに加入

株式会社ギデオン 2010年01月05日

ターボリナックス株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:矢野広一)は、個々のビジネスに最適な支援プログラムを提供するパートナープログラム「TurboPartners」に、Linuxに特化したウイルス・スパム対策ソフトウェアの開発・販売を行う株式会社ギデオン(本社:神奈川県横浜市、代表取締役:西尾高幸、以下ギデオン)が加入したことを発表いたします。

株式会社ギデオン : (リンク »)

ギデオンでは、当社のサーバーOS製品「Turbolinux 11 Server」及びインターネットサーバー構築ソフトウェア「Turbolinux Appliance Server 3.0(以下TLAS3)」に対応した「ギデオン アンチウイルス アンチスパムPlus」や「ギデオン アンチウイルス メールサーバ Ver.3」などのセキュリティ・ソフトウェアを開発・提供しており、両社はソリューションの技術検証で2004年5月より協業しております。ウイルスやスパムなど企業のメール・セキュリティ対策は、ユーザー個々のITリテラシーに依存することなくITインフラレベルで構築することが求められる昨今、高い検知率と導入・運用の手間が少ないことを主な特長とするギデオンの製品は、専門のIT担当者を持たないSMB市場や多数のユーザーを管理する大規模システムに最適であることから導入が進んでおります。

同社では以前、上記市場向けにCobalt 対応製品を提供しており、旧製品からの更新期を迎えたシステムのリプレース需要が増えてきたことから、同製品のGUIや操作性を継承したCobalt 互換インターネットサーバー構築ソフトウェア「TLAS3」を採用したシステムを共同で展開していくことを目的にTurboPartnersに加入しました。直感的な操作が可能なWeb管理ツールによりサーバーのユーザー管理やメールの設定など手軽にサーバー構築・運用を行うことができるシステムを、技術面のみではなくプロモーションや営業の提案力においても強化してまいります。

今後は、社内に蓄積されたメールの効率的なインデックス化と高速な全文検索ができる「ギデオンMail Archive」への当社サーバーOS製品対応を予定しており、ウイルスやスパム対策のみではなく、コンプライアンス及び内部統制などの観点でもメールのセキュリティに配慮したシステムを共同で推進いたします。

※LinuxはLinus Torvalds氏の商標です。ターボリナックスおよびTurbolinuxは、ターボリナックス株式会社の商標または登録商標です。その他、記載された会社名および製品名などは該当する各社の商標または登録商標です。

【本件に関するお問い合わせ先】
TLホールディングス株式会社 広報
電話:03-6275-2000  E-mail:press@turbolinux.co.jp

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社ギデオンの関連情報

株式会社ギデオン

株式会社ギデオンの記事一覧へ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。