編集部からのお知らせ
HCIの記事をまとめた資料ダウンロード
記事集:クラウドのネットワーク監視

ギデオン、クラスキャット、日本IBM、アプライアンスサーバにウイルス対策製品を統合

CNET Japan Staff

2006-05-11 02:21

 Linuxベースのウェブアプリケーションの企画、開発、販売を行うクラスキャットとLinux OSに特化したウイルス対策ソフトウェアを開発、販売するギデオン、および日本アイ・ビー・エム(日本IBM)は5月10日、中堅・中小企業を対象としたインターネットサーバアプライアンスとウイルス対策ソリューションを統合した「ギデオン アンチウイルス メールサーバ モデル」の提供を開始することを発表した。

 ギデオン アンチウイルス メールサーバ モデルは、クラスキャットのインターネットサーバ管理ツール「ClassCat Cute Server Manager Enterprise Edition 3.0」と、ギデオンのウイルス対策ソフトウェア「ギデオン アンチ ウイルス メールサーバ Ver.3」を、導入が容易な「IBM Expressポートフォリオ」対応モデルである「IBM eServer xSeries 306m」と組み合せ提供する。

 ギデオン アンチウイルス メールサーバ モデルの基本構成価格は69万8800円。同日より、ダイワボウ情報システムが販売を開始する。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]