編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る

クラスキャットとネットワールド、「Sun Cobalt RaQ」向けサーバ統合分野で提携

CNET Japan Staff

2006-04-10 21:32

 クラスキャットとネットワールドは4月10日、Linuxサーバアプライアンス製品「Sun Cobalt RaQ」ユーザーを主な対象とした「Red Hat Enterprise Linux」ベースのインターネットサーバ統合分野で提携することを発表した。

 この提携で両社は、ユーザーやパートナーに対して、共同でRed Hat Enterprise Linuxベースのセキュアなインターネットサーバ統合を提案する。販売が終了したCobalt RaQシリーズのリプレース市場が狙いだ。

 共同ソリューションは、ネットワールドの「VMware ESX Server」を活用したサーバ統合ソリューションとクラスキャットの「ClassCat Cute Server Managerシリーズ」を組み合わせて提供される。

 ClassCat Cute Server Managerシリーズは、Cobalt RaQ550のGUIをRed Hat Enterprise Linuxに移植し、基本ソフトウェアコンポーネントの運用管理をブラウザから行えるようにしている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]