編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit 2020」開催します!
新着記事まとめ:エッジコンピューティング

クラスキャットとデジタルアーツ、Linuxサーバ管理ソフトとフィルタリングソフトを共同提供

ニューズフロント

2006-01-25 15:51

 クラスキャットとデジタルアーツは1月25日、「Red Hat Enterprise Linux」ベースのインターネットサーバ分野における販売提携を発表した。両社は、クラスキャットのLinuxサーバ管理ソフト「ClassCat Cute Server Managerシリーズ」とデジタルアーツのウェブフィルタリングソフト「i-FILTER」を組み合わせ、統合製品として提供していく。

 ClassCat Cute Server Managerは、Linuxサーバの管理をウェブブラウザから行うためのソフト。DNS、メール、ウェブ、FTP、SSHなどのサーバ設定を、専門的な知識がなくても処理できるようにする。i-FILTERは、有害サイトのURLが登録されたデータベースを参照してアクセスを制限するフィルタリングソフトで、ウェブブラウザ経由の情報漏えいを防ぐ。

 この販売提携により、両社はユーザーや販売パートナーに対し、安全性の高いインターネットサーバを共同提案できるようになる。販売パートナーからは、調整済みハードに両社の製品をプリインストールし、サーバアプライアンスとして提供する予定だ。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]