「アリババ チャイナパスポート」を、6月1日より提供開始

アリババ株式会社 2010年06月01日

From PR TIMES

アリババジャパン、インターネットを通じた中国への貿易支援サービス


アリババ株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長 香山 誠、以下アリババ)は、日本から中国への輸出に特化した輸出支援サービスとして「アリババ チャイナパスポート」を6月1日より提供開始いたします。

これまでアリババは、中国市場への販路拡大支援サービスとして「アリババ中国向け輸出支援サービス」を提供し、日本企業のお客さまにモニターとして利用いただいていました。今回、新たにアリババグループの消費者向けECサイト「淘宝網」( (リンク ») 、以下タオバオ)の日本製品専門サイトとして「淘日本」( (リンク ») 、以下タオジャパン)を開設し、「タオジャパン」内にて卸売りいただけるサービスを「アリババ チャイナパスポート」として、提供いたします。

本サービスをご利用いただくことにより、登録会員数約2億人のタオバオサイト内の有力なマーチャントに対して、言葉や貿易実務の壁を感じることなく、自社の製品を卸売りすることができます。これにより日本企業は、中国市場で自社商品をタオバオの有力マーチャント経由でより効率的に販売できます。

◇サービス名 :「アリババ チャイナパスポート」
◇基本サービス概要 :「淘宝網(タオバオ)」 内の日本製品専門ページ「淘日本(タオジャパン)」での
卸売りプラットフォームの提供
◇提供開始日 :2010年6月1日
◇提供価格  :一ヶ月あたり50,000円(税抜)   (※年間63万円(消費税込)、契約は1年単位)
◇お申し込み :下記のサイト または、連絡先までお問い合わせください
URL   (リンク »)
電話: 0120-288-378   E-mail: info@alibaba-inc.jp

アリババは、今後ともインターネットを通じて、日本の中小企業・個人事業主の皆さまを支援し、簡単で便利な海外への販路開拓サービスを提供していきます。


■淘宝網(タオバオ)とは・・・( (リンク ») )
2003年にオープンした「淘宝網(タオバオ)」は、消費者向けEコマース市場の83%(*)のシェアを占める中国最大のネットショッピング・サイトです。20100年4月には登録ユーザ数が1億9,000万人、家電、ファッション、アクセサリー、スポーツウェアから日用雑貨まであらゆるジャンルの商品が売買されています。
タオバオ上の流通総額は2009年およそ3兆円(2,000億人民元)に達しており、中国政府の統計によると、 2009年のタオバオ上の流通総額は中国全体の小売販売額の約2%を占めています。タオバオはインターネット人口がもっとも多い中国における最大のオンラインショッピングサイトです。(*)  2010年1月 iReserch調べ

■アリババ株式会社とは・・・( (リンク ») )
アリババドットコムとソフトバンク株式会社の出資により、2007年11月設立。
日本企業の世界向け輸出を支援する「アリババ ワールドパスポート」( (リンク ») )、中国向けの輸出に特化したサービス「アリババ チャイナパスポート」( (リンク ») )、中国製品の調達を支援する「アリババ中国輸入サイト」( (リンク ») )を、提供・運営しています。インターネットを通じて、日本の中小企業や個人事業主と世界をつなぐ”商いの高速道路“の構築および提供による日本経済の活性化を目指しています。

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

アリババ株式会社の関連情報

アリババ株式会社

アリババ株式会社の記事一覧へ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]