セシオス、Shibboleth-IdPのアクセス制御プラグインを提供開始

株式会社セシオスは、SPへのアクセス制御を行うShibboleth-IdPアクセス制御プラグインの提供を開始したことを発表しました。

株式会社セシオス 2011年06月22日

従来、Shibboleth-IdPにはアクセス制御機能がなく、接続先SPが対応していなければアクセス制御できませんでした。「Shibboleth-IdPアクセス制御プラグイン」を導入するとアクセス制御に対応してないSPに対してもアクセス制御することができます。

「Shibboleth-IdPアクセス制御プラグイン」では、Shibboleth-IdP側でアクセス制御を行うことで、どのようなSPに対してもアクセス制御することができます。また、接続先SP毎に所属(学科、学部など)や組織内での職種(教員、学生など)など各属性値に対してアクセス可能なユーザの条件が設定できます。

お問合せ: (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社セシオスの関連情報

株式会社セシオス

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]