編集部からのお知らせ
解説:1st ? 2nd ? 3rd ? データ活用での選択
セキュリティの懸念高まる産業用制御機器

トライポッドワークス、ソフトバンク・テクノロジーのファイル共有オンライン・ストレージとしてGIGAPOD2011を提供

~iPad+GIGAPOD連携でペーパーレス会議を実施し、コストと手間の軽減を実現~

トライポッドワークス株式会社

2011-07-12 00:00

トライポッドワークス株式会社(本社:宮城県仙台市 代表取締役社長 佐々木 賢一)はソフトバンク・テクノロジー株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:石川憲和、以下SBT)の社内ファイル共有オンラインストレージとしてGIGAPOD2011を提供をしたことを発表しました。
SBTは導入する前は、添付ファイルを暗号化圧縮し、解凍・復号することを確認してから添付ファイルを送信しなければなりませんでした。GIGAPODを導入してから添付ファイルの共有が簡便になり、社内の50%がGIGAPODを利用するまでに普及しています。

詳細は以下をご覧ください。
(リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

トライポッドワークス株式会社の関連情報

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]