仮想化環境向け最適化高速統合ストレージ「Prime STOR SUPERTIER」のWebページを公開

~世界最高速クラスの300万IOPSを実現した仮想環境向けグリーンストレージ~

コアマイクロシステムズ株式会社 2012年03月27日

コアマイクロシステムズ株式会社(本社:東京都板橋区、代表取締役社長:高橋晶三、以下 コアマイクロシステムズ)は、仮想化環境向け最適化高速統合ストレージ「Prime STOR SUPERTIER」のWebページを公開しました。

近年、ITの効率化のもと、サーバ仮想化/デスクトップPCの仮想化が急速に進んでいます。 これらの仮想化環境の構築においては、ストレージのI/O特性(IOPS、スループット)が要になることから、従来非常に高価なハイエンドストレージが使われてきました。本来、仮想化はIT効率化によるトータルコスト低減が目的であったのにかかわらず、ほとんどの場合、これらコスト低減が達成されていないだけではなく、新たなパフォーマンス問題に直面してしまっているのが現状です。弊社では、仮想化環境におけるストレージI/O特性を正しく分析し、ストレージリソース(DRAM/SSD/HDD)の配置及び、高効率なキャッシュ技術によりストレージシステムの最適化を可能にしました。これにより、最高のIOPS/スループットを実現すると共に、コスト指標及び消費電力指標においても、従来比の10倍を超えるトータルパフォーマンスを実現します。

詳細は以下をご覧ください。
(リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

コアマイクロシステムズ株式会社の関連情報

コアマイクロシステムズ株式会社

コアマイクロシステムズ株式会社の記事一覧へ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]