結婚式をするまでの結婚式の列席経験は?10回以上、11.7%。

株式会社リクルート 2012年04月04日

From Digital PR Platform


株式会社リクルート(本社:東京都千代田区 代表取締役社長 兼 CEO:峰岸真澄)が運営するブライダル総研より、『ゼクシィ結婚トレンド調査2011 首都圏版』(結婚前に首都圏に住んでいた『ゼクシィ』読者のうち、2010年4月~2011年3月に挙式もしくは披露宴・披露パーティを行った人、計1,024人を対象)から見えてきたカップルや結婚式の状況や特徴に関する分析をお伝えします。

▼『結婚式の列席経験に関するレポート』はこちら
(リンク »)

▼『ゼクシィ結婚トレンド調査2011』はこちら
(リンク »)

▼その他の『ブライダル総研 Research News』はこちら
(リンク »)

――――――――――――――――――――
1.自身が結婚式をするまでに結婚式に列席した経験、10回以上、11.7%。
――――――――――――――――――――

『ゼクシィ結婚トレンド調査2011 首都圏版』によると、妻において、自身が挙式、披露宴・披露パーティをするまでに、招待客として挙式、披露宴・披露パーティに列席した経験が10回以上の人は11.7%でした。

5~9回は34.2%、5回未満は53.0%(うち0回は4.4%)と10人に1人は10回以上列席している一方、5回未満が約半数となっています。

年齢別にみてみると、年齢を重ねるごとに列席経験は増え、24歳以下では0回が21.6%であるにもかかわらず30歳以上では0.6%でした。また、10回以上の列席経験は24歳以
下で0.9%に対し、30歳以上では26.5%でした。

――――――――――――――――――――
2.自身が披露宴をした会場に招待客として列席した経験が「ある」人は10.6%。
――――――――――――――――――――

ほとんどが結婚式の列席経験がある中、自身が披露宴・披露パーティを実施した会場に招待客として列席した経験があるかを聞いたところ、「ある」は10.6%でした。

これは、年齢別に見てみても大きな差がなく、列席経験の少ない24歳以下においても実施した7.5%、また列席経験の多い30歳以上でも9.7%が、自身が結婚式をした会場に招待客として列席した経験があるようです。

『ゼクシィ結婚トレンド調査2011 首都圏版』によると、披露宴・披露パーティ会場を決定する際の重視点の第1位は「披露宴・披露パーティ会場の雰囲気が良いこと」で59.3%でした。

ブライダルフェアなど検討段階での会場見学だけでなく、自身の列席経験も会場決定に影響しているのかもしれません。

▼『結婚式の列席経験に関するレポート』はこちら
(リンク »)

――――――――――――――――――――
◆『リクルート ブライダル総研』とは
――――――――――――――――――――

『リクルート ブライダル総研』は、株式会社リクルートのブライダルカンパニーに設置されている調査・研究組織です。恋愛・出会い、結婚や結婚式、夫婦関係に関する調査・研究、未来への提言を通じて、ブライダルマーケットの発展に貢献することを目的として活動しています。
出版・印刷物等へデータを転載する際には、“リクルート ブライダル総研調べ”と明記いただけますようお願い申し上げます。

▼『リクルート ブライダル総研』について
(リンク »)

▼リクルートについて
(リンク »)

――――――――――――――――――――
【本リリースに関するお問い合わせ】
(リンク »)
――――――――――――――――――――

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社リクルートの関連情報

株式会社リクルート

株式会社リクルートの記事一覧へ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]