OKI、田中貴金属とプリント配線板事業譲受の契約締結

沖電気工業株式会社 2012年06月21日

From JCN Newswire

Tokyo, June 21, 2012 - ( JCN Newswire ) - OKIは、田中貴金属工業株式会社(社長: 岡本英彌、本社: 東京都千代田区、以下 田中貴金属)と、このたび、田中貴金属のプリント配線板事業をOKIが譲り受けることで合意しました。両社は、田中貴金属が設立する新会社にプリント配線板事業を譲渡した上で、OKIが新会社の株式の80%相当を10月1日付けで取得する旨の株式譲渡契約を、6月18日に締結しました。

OKIは、2010年度策定の中期経営計画の中で、高度な生産技術と品質保証力を活かした ハイエンド型EMS(生産受託)事業を成長分野の1つとして位置付けています。OKIのプリント配線板事業は1965年からはじまり、世界初の80層基板製造を実現するなど、優れた技術力による大型・高多層基板で高い評価を受けています。EMS事業成長のためには、プリント配線板事業の拡大とともに、強みであるプリント配線板から最終製品組立までの一貫生産体制の更なる強化が必要でした。

田中貴金属は、プリント配線板事業を1970年より開始し、大型・高多層基板を航空・宇宙産業向けに提供するなど高品質・高信頼性を実現し、多くの顧客の信頼を得てきました。しかし、国内のプリント配線板市場の縮小といった業界環境の変化や、企業競争力を高める為の事業構造変革を進め、プリント配線板事業の位置付けを見直していました。OKIから事業譲渡の提案を受けて田中貴金属は、OKIのEMS事業の将来性・成長性を高く評価し、プリント配線板事業の確実な継承・雇用の維持ができると判断し、今回の合意にいたりました。

OKIは、今回の事業譲渡を受けることでハイエンド製品向けプリント配線板事業の国内 シェアを拡大するとともに、プリント配線板から最終製品組立までの一貫受託生産も拡大し、EMS事業売上で2015年度に500億円を目指します。国内のプリント配線板市場は縮小傾向にあるものの、ハイエンド製品向けの大型・高多層基板は、高速大容量データ通信インフラの投資伸長などにより需要が堅調で、年間1,000億円の市場が見込まれています。

【株式譲渡対象となる新会社の概要】

名称: OKI田中サーキット株式会社(予定)
所在地: 山形県鶴岡市宝田1丁目15-68
社長: 未定
事業内容: 高密度多層プリント基板の開発、設計、製造、販売
事業譲受後の資本金: 3.5億円(予定)
設立年月日: 2012年9月(予定)
従業員数: 330人

概要:沖電気工業株式会社

OKIは米国でグラハム・ベルが電話機を発明したわずか5年後の1881年に創業した、日本で最初に電話機を製造した情報通信機器メーカーです。先見性と勇気をもって果敢に挑戦・行動するという、創業以来の「進取の精神」を連綿と受け継ぎ、ブランドスローガン「Open up your dreams」のもと事業展開しています。現在、「金融システム」「通信システム」「情報システム」「プリンタ」「電子部品・モジュール他」の5つの分野において、OKIグループは社会の発展に寄与する最先端技術の商品・サービスをお客様にお届けし、世界の人々の快適で豊かな生活の実現に貢献しています。詳細はこちらからご覧ください。 (リンク »)

お問合せ先:
本件に関する報道機関からのお問い合わせ先
OKI広報部 田中
電話: 03-3501-3835
e-mail: press@oki.com

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。