編集部からのお知らせ
SNS分析のトレンドまとめ
注目「Googleのクラウド事業を読み解く」

横浜で訪日外国人旅行者向けの無料Wi-Fiカードの配布を開始!

横浜市

From: Digital PR Platform

2013-07-19 14:49


横浜市は、「国際観光・MICE都市」として、海外から横浜への来訪者を増やすためのプロモーションを展開するとともに、海外からの来訪者の横浜での受入環境の向上に取り組んでいます。

外国人旅行者のニーズの高い無料Wi-Fiについて、横浜市(市長 林 文子)と東日本電信電話株式会社 神奈川支店(横浜市、神奈川支店長 原田 清志、以下「NTT東日本」)は、「訪日外国人旅行者向けの無料Wi-Fi環境整備に関する協力覚書」を締結しました。

今後、本協力覚書をもとに、横浜市内における訪日外国人向けの無料Wi-Fi環境整備を進めていきます。


◆事業概要
1 事業内容
 ・訪日外国人旅行者がキャリアフリー(※)で14日間、無料でWi-Fiを
  利用できる「ID/PASSカード」を市内の観光案内所等で配付
   ※キャリアフリー:どの通信事業者の端末でも利用できること
 ・配付期間は、平成25年7月19日(金)~平成28年3月31日(木)
 ・初回は「ID/PASSカード」を2万枚印刷。その後必要に応じて増刷。

2 主なアクセスポイント(順次拡大予定)
  ※市内で536箇所のアクセスポイント(平成25年6月末現在)
 ・新横浜ラーメン博物館(港北区) ・象の鼻テラス(中区)
 ・横浜赤レンガ倉庫2号館の一部(中区)
 【今後の予定】
 ・横浜駅東口地下街ポルタ(西区) ・横浜美術館(西区)
 ・YCAT(横浜シティ・エア・ターミナル)(西区)
 ・そごう横浜店 3階シーガルコート(西区)

3 「ID/PASSカード」配付場所(順次拡大予定)
 ・市内観光案内所
  (横浜駅、みなとみらい駅、新横浜駅、横浜人形の家)
 ・横浜港大さん橋国際客船ターミナル インフォメーションカウンター
 ・横浜髙島屋 1階インフォメーションカウンター
 【今後の予定】
 ・YCAT(横浜シティ・エア・ターミナル)
 ・そごう横浜店 地下2階コンシェルジュデスク
 
 
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    マンガで解説、移行済みの担当者にも役立つ! Windows10移行&運用ガイド

  2. クラウドコンピューティング

    カギは物理世界とクラウドの接続あり!成果が出やすいIoT活用のアプローチを知る

  3. クラウドコンピューティング

    IoTにはこれだけのサイバー攻撃リスクが!まずはベストプラクティスの習得を

  4. セキュリティ

    エンドポイントの脅威対策をワンストップで提供 現場の負荷を軽減する運用サービス活用のススメ

  5. クラウドコンピューティング

    家庭向けIoT製品の普及とともに拡大するセキュリティとプライバシー問題─解決策を知ろう

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]