編集部からのお知らせ
SNS分析のトレンドまとめ
注目「Googleのクラウド事業を読み解く」

環境ビジネス白書の最新版を発行

日本ビジネス開発株式会社

From: 共同通信PRワイヤー

2013-08-01 19:00

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。詳細は上記URLを参照下さい。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。
2013年8月1日

日本ビジネス開発株式会社

覚醒の時代-環境「覚醒」ビジネスと東日本大震災環境ルネサンス

 ビジネス白書シリーズの日本ビジネス開発(大阪市住之江区、代表藤田英夫、06-6685-7992)は、「環境ビジネス白書」最新版を発刊した。
     (リンク »)
 当該版は1997年の第1弾から数えて第15弾になる。収録内容は2011年秋から2013年春現在に至るまでの事象を網羅した最新の環境戦略事例集である。
  本稿の副題は【覚醒の時代-環境「覚醒」ビジネスと東日本大震災環境ルネサンス】である。日本経済は20年に及ぶ雌伏の時を経てようやく回復基調にある。環境ビジネスも「覚醒」ステージに位置している。東日本大震災被災地も直後の大混乱期を抜け復興段階にさしかかってきた。
 本稿では副題に掲げた『環境「覚醒」ビジネス』及び『東日本大震災環境ルネサンス』をコア切り口とした。
(環境「覚醒」ビジネス収録例)
・自然の恵みに「覚醒」する
 ex:「雪を使い切る」環境ビジネス
 ex:「木をしゃぶりつくす」環境ビジネス
・未活用資源・エネルギーに「覚醒」する
 ex:地熱中活用・地熱発電
 ex:EEZの資源探査・発掘
・環境ビジネスの場(舞台・場面)の戦略転換に「覚醒」する
 ex:主戦場は海外にシフト
 ex:ハードの売り切りからサービスを含めたフィービジネスに転換
 ex:単独から連携態勢に転換
(「東日本大震災環境ルネサンス」収録例)
 ex:環境ビジネスをテーマにした復興事例
 本文は弊社独自の観点から、環境ビジネスを16大分類、45中分類に区分、100以上の吟味した事例とデータを収録した。 また、本ビジネス白書は国立国会図書館のテーマ別調べ方案内欄の環境ビジネスに関する入門書・概説書の推薦図書になっている。   www.ndl.go.jp/jp/data/theme/theme_honbun_102217.html そして、2007年版は東京都立図書館の「司書が選ぶ調べものに使える本」の選書である。  www.library.metro.tokyo.jp/1g/bn/012.html   
・発行所は日本ビジネス開発株式会社  
TEL 06-6685-7992 FAX 06-6685-6936   URL (リンク »)     E-Mail  jbdhideo@silver.ocn.ne.jp


本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    マンガで解説、移行済みの担当者にも役立つ! Windows10移行&運用ガイド

  2. クラウドコンピューティング

    カギは物理世界とクラウドの接続あり!成果が出やすいIoT活用のアプローチを知る

  3. クラウドコンピューティング

    IoTにはこれだけのサイバー攻撃リスクが!まずはベストプラクティスの習得を

  4. セキュリティ

    エンドポイントの脅威対策をワンストップで提供 現場の負荷を軽減する運用サービス活用のススメ

  5. クラウドコンピューティング

    家庭向けIoT製品の普及とともに拡大するセキュリティとプライバシー問題─解決策を知ろう

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]