編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事集:「負荷分散」

マイクロフォーカス株式会社、要件管理ツール「Caliber」の新バージョンをリリース

マイクロフォーカス合同会社

2013-08-20 10:30

マイクロフォーカス株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:田島裕史)は、要件管理ツールの新バージョン「Caliber 11.1」を本日より出荷開始いたします。

 Caliber は、詳細かつ正確な要件定義の実行を可能にする要件管理ツールです。開発プロジェクトの全工程を通じて要件の管理・追跡が可能なため、絶えず変更される要件に対しプロジェクトの進行をリスクにさらすことなく、影響範囲を分析し迅速に対応することが可能となります。また、各部門にまたがるプロジェクトの関係者が、期限、予算、仕様どおりにプロジェクトを進めることができるよう協調作業を支援します。

 Caliberで作成した要件情報は、トレーサビリティ機能を提供しており、Silk CentralやHP Quality Centerといったテスト管理ツールと連携することでテストフェーズでの要件との関係付けを行うことができます。どの要件にどのテストシナリオが実行され、テスト結果がどのようになったかといった追跡が可能となり、ソフトウェアテストの速度と精度も大幅に向上します。

 Caliberは、Author、Visualize、Review の3 つの製品コンポーネントで構成されており、それぞれが要件管理、要件定義における重要な機能を提供しています。AuthorとVisualizeは、バージョン11より新名称となりました。ReviewはCaliber 11からの新機能として追加されたコンポーネントです。

●Caliber Author(旧CaliberRM)
 リッチなGUI を採用した機能的な専用クライアントで、複雑なソフトウェア開発の要件をチーム全体で一元管理できます。

●Caliber Visualize(旧TeamDefine)
 ビジネスシナリオの作成や要件定義を可視化し、プロジェクト関係者の間で協調して要件を正確に定義することができます。

●Caliber Review
 Caliber Author やCaliber Visualize で作成した要件をブラウザ経由で参照し、フィードバックやディスカッションを行います。

※Caliber 11.1 製品機能の詳細とサポート環境はこちらをご参照ください;
  (リンク »)


 マイクロフォーカスでは、Caliberを中心に要件管理からテストまでトータルに支援するALMソリューションをご紹介する「システム品質向上ソリューションセミナー ~要件管理とテストがもたらすソフトウェア品質改善~」を9月12日に開催します。
詳細はこちらをご参照ください;
(リンク »)


■製品の販売について
Caliber 11.1 出荷開始:2013年8月20日


■製品価格
Caliber 11.1 永久使用ライセンス
・コンカレントライセンス:97万5,000円(初年度保守料込・税抜)

※ ライセンスはコンカレントライセンス
(インストールしたマシンに固定されることなく購入したライセンス分を同時に利用可能)


■製品・サービスに関するお問い合わせ先

マイクロフォーカス株式会社 営業部 Caliber製品担当
Tel: 03-5413-4770/Fax: 03-5413-4777
E-mail: qa-sales@microfocus.co.jp
URL: (リンク »)


■Micro Focus製品全般について/ユーザー事例など

以下のサイトをご参照ください。
(リンク »)


*本文中の各社の社名、製品名は各社の商標または登録商標です。

<この発表に関するお問い合わせ先>
 マイクロフォーカス株式会社
 マーケティング部 広報担当
 E-mail: PR@microfocus.co.jp
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    Google Cloudセキュリティ基盤ガイド、設計から運用までのポイントを網羅

  2. セキュリティ

    仮想化・自動化を活用して次世代データセンターを構築したJR東日本情報システム

  3. ビジネスアプリケーション

    スモールスタート思考で業務を改善! 「社内DX」推進のためのキホンを知る

  4. セキュリティ

    Emotetへの感染を導く攻撃メールが多数報告!侵入を前提に対応するEDRの導入が有力な解決策に

  5. セキュリティ

    偽装ウイルスを見抜けず水際対策の重要性を痛感!竹中工務店が実施した2万台のPCを守る方法とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]