マイクロフォーカス、「Visual COBOL 8.0」など発表--モダナイズ対応を強化

ZDNet Japan Staff

2022-08-23 12:21

 マイクロフォーカスは8月23日、アプリケーション開発プラットフォームの最新版となる「Visual COBOL 8.0」と「Micro Focus エンタープライズ製品 8.0」を発表した。9月15日に出荷を開始する。

 Visual COBOL 8.0は、Microsoftの「Visual Studio 2022」「Visual Studio Code」と「Eclipse」に統合されたCOBOLやメインフレームのアプリケーション開発ツール。Visual Studio環境では、従来の「.NET Core 3.1」に替って長期サポートの「.NET 6」を新たにサポートし、WindowsとLinuxの双方で稼働するCOBOLアプリケーションを開発できるようになった。

 また、「IBM Enterprise COBOL 6.3」との互換性では、JSON PARSEおよびJSON GENERATEが匿名オブジェクトに対応したほか、「SQLCODE」や「SQLSTATE」などのデータベースとの通信時に戻されるエラー情報を設定ファイルでカスタマイズできる「SQLエラーマッピング」機能を追加している。これにより、複数データベースと通信するプログラムや異なるデータベースへの移行時におけるプログラムの改修量を削減できるという。

 Micro Focus エンタープライズ製品 8.0では、Visual COBOL 8.0における新機能や機能強化に加え、「PostgreSQL」とAmazon Web Services(AWS)の「Aurora」への「IBM Db2」のデータのデプロイをサポートし、対応データベースを拡充した。また、ターミナルエミュレーターの「Micro Focus Host Access for the Cloud TN3270」では、ブラウザーベースのHTML5によるアクセスができるようになっている。

 最新版製品について同社は、コンテナーやクラウドへのアプリケーション導入おいて、COBOLおよびメインフレームのモダナイゼーションに向けた独自の機能を提供すると説明。最新リリースが顧客に対する同社のコミットメントであり、「モダナイゼーションの道筋を改めて示すもの」としている。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. ビジネスアプリケーション

    きちんと理解できていますか?いまさら聞けないインボイス制度の教科書

  3. 運用管理

    AWS、GCP、Azureを中心としたクラウドネイティブ環境における5つのセキュリティ強化策

  4. セキュリティ

    マンガでわかる―Webサイトからの情報搾取を狙うサイバー攻撃「SQLインジェクション」、どう防ぐ?

  5. セキュリティ

    緊急事態発生時にセキュリティを維持するための8つの戦略と危機管理計画チェックリスト

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]