編集部からのお知らせ
量子コンピューティングへの注目
特集まとめ:高まるCISOの重要性

マイクロフォーカス、「Visual COBOL」などの最新版を発売

ZDNet Japan Staff

2021-09-17 14:35

 マイクロフォーカスは9月17日、COBOLとメインフレームシステム向けアプリケーション開発/実行環境製品「Micro Focus Visual COBOL」および「Micro Focus エンタープライズ製品」の最新版(バージョン7)を発売した。10月16日に出荷を開始する。

 最新版では、Microsoft Visual Studio Code(VS Code)を利用したCOBOL開発向けの拡張機能をマーケットプレイス経由で提供する。VS Code上の入力支援機能を利用して、コンパイルやデバッグの作業が行えるようになる。

 また、高可用性の確保を支援するため、メインフレームデータをOracleのクラウド環境でホスティングできるようになった。Oracle Coherenceのサポートがプレビューに含まれ、同環境を用いたリソース拡張などにおいて、処理性能と可用性を備えたクラスター構成を利用できる。

 この他に、セキュリティ解析ツールのFortifyが統合され、COBOLおよびメインフレームアプリケーションの脆弱性検査などが行える。Enterprise Serverでは内部パスワードのVaultシステムのセキュリティを強化し、Hashicorpのツールを用いた権限管理などが新たにできるようになった。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]